このページの本文へ

Google と Bing、海賊版サイトの検索順位引き下げ

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2017年02月21日 15時37分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google と Microsoft Bing が海賊版の映画や音楽が検索されづらくなるように協力することが明らかとなった。英ガーディアンなど英国の複数メディアが報じている

検索エンジン各社は、イギリス知的財産庁(Intellectual Property Office)、英国レコード産業協会(British Phonographic Industry, BPI)と合意した。違法に映画や音楽、番組のライブストリーミングを行っているサイトの検索順位を引き下げる。また、正規にコンテンツを配布しているサイトへ誘導できるように取り組む。今夏までに導入する予定だ。

Google は2014年にパイレーツアップデートと呼ばれる、著作権侵害サイトの順位を引き下げる検索アルゴリズムの調整を行っている。今回はもう1つの検索エンジンである Bing と共に、著作権を侵害しているサイトを発見しづらくすることで海賊版の流通を抑制する取り組みを強化する。

Search Engine Land の取材によると、この取り組みは検索アルゴリズムの変更にかかわるものではないとのことだ。

Google explained that the “Voluntary Code of Practice” that was agreed to here will test to make sure the measures both Google and Bing are taking are successful in keeping bad content out of search results. Google seems to already believe that their algorithms are indeed doing a good job keeping such content out of their search results. There likely won’t be any significant changes to Google’s search algorithms for this specific agreement. [Google says no algorithm changes in new deal to demote pirated content in UK search results, February 20 2017]

Google and Bing to deprecate piracy websites
https://www.theguardian.com/technology/2017/feb/20/google-and-bing-to-demote-piracy-websites

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング