このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

myrmecoleonの「グラフで見るニコニコ動画 第2期」第17回

予想がつかない2017年1月期アニメの二次創作投稿数

君はニコ動やpixivで二次創作するのが得意なフレンズなんだね!

2017年02月16日 20時00分更新

文● myrmecoleon 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この連載では、独自に収集したデータを使って、みんな知ってるようで知らないニコニコ動画やpixivの現在を紹介していきます。連載一覧→第2期第1期

今回調査対象とした2017年1月開始のテレビアニメ 41タイトル

このすば・銀魂を追うメイドラゴン・幼女戦記
けものフレンズもやってきて たっのしー!

 今回調査したのは、2017年1月開始のテレビアニメ計41タイトル。

 タグを参考に上記タイトル関連のニコニコ動画・pixivの投稿データを収集し、複数のタグ(表記揺れ・海外タグ・腐向けタグなど)を名寄せして各作品関連の投稿をカウントしています。1月1日以降の投稿作品のデータを2月13日朝に収集。また1月開始アニメでも2月1日時点でニコ動・pixivのどちらかで1件も投稿作品が確認できなかった作品(ニコ動は公式配信分を除く)は上記リストから除外しています。

 なおこの調査の趣旨は日本で二次創作の題材とされやすい新作テレビアニメについて、ニコ動・pixivにおける活動の活発さを動画・イラストの投稿数から見ることで、二次創作と親和性の高いコミュニティの中での各テレビアニメ作品のインパクトやファン層の規模を図るものです。この結果は各アニメ作品の面白さ・クオリティーとは直接関係がありませんし、関連商品の売上と直結するものでもありません。ご注意ください。

 今回は1年ぶりの2期となる「この素晴らしい世界に祝福を!2」が1月中まではニコ動でトップでしたが、執筆中に圏外から「けものフレンズ」がランクアップしトップに。pixivでは「銀魂.」が以前から続いて人気。「小林さんちのメイドラゴン」「幼女戦記」「ガヴリールドロップアウト」など新作も話題です。

 前年1月よりやや高い程度で今年も「トップ不在」の傾向。変わって新作で好調なタイトルが目立ちました。前述の通り2月に入ってから急上昇中のタイトルもあり波乱含みとなっています。

ニコニコ動画・pixivに投稿された各タイトル関連の作品投稿数。集計時までに削除された作品は除く。対象タイトルは上記。それぞれ作品を示す複数のタグを名寄せした作品数
各作品のニコニコ動画・pixivの投稿数を両対数軸のグラフにプロットしたもの。斜めの線は近似曲線で、およそこの線から右下がニコ動寄り、左上がpixiv寄りによく二次作品が投稿されているタイトル

1月トップのこのすば
追うメイドラゴンと幼女戦記

 ニコ動でのトップは大躍進の「けものフレンズ」(後半で紹介)。直前までトップだった「この素晴らしい世界に祝福を!2」は2位に。次いで新作「幼女戦記」「小林さんちのメイドラゴン」で投稿が多く、4週目で大きく増加しました。ほか「ガブリールドロップアウト」「BanG Dream!(バンドリ)」などで増加が見られます。

 「この素晴らしい世界に祝福を!2」は2016年1月から放送された1期の続編。1期の好調(連載2期11回参照)を受けてニコ動・pixivとも前回を上回るペースで投稿されています。ただ、ニコ動の投稿ペースは放送開始以降、減少気味。投稿動画は注目シーンの転載やMAD、主題歌の演奏してみたなどが中心。

 pixivでは2番目に男性投稿者が多いタイトルで投稿者の9割が男性。R-18イラストは15%ほどですがこちらも最多。キャラ別の投稿では「めぐみん」が多く今回トップ、次いで「アクア」「ダクネス」が人気。今回からの「ゆんゆん」もよく投稿されています。pixivでは比較的好調ですが上回る勢いのタイトルもあり、男性人気では今回の調査中に下記のメイドラゴンに抜かれています。

アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!2」より第1話の公式配信動画。原作は暁なつめの小説「この素晴らしい世界に祝福を!」(通称このすば)。2016年1月期に放送された1期の続編。元は「小説家になろう」で連載されていた作品で2013年より角川スニーカー文庫で刊行。「小説家になろう」で特徴的な異世界転生ものをパロディ化したコメディで2期になってもテンポのいいギャグとお色気は健在。

 「幼女戦記」はこのすばと同じく異世界転生をテーマにしたネット小説発のタイトル。ニコ動では主人公ターニャの演技やOP「JINGO JUNGLE」、ED「Los!Los!Los!」が人気。4週目ではこのすばを抜き、その週で最も投稿数の多いタイトルでした。

 pixivでの投稿者は男性7割女性3割と女性人気もあります。海外の投稿者は1割ほど、R-18イラストは6%ほどとそれぞれ少なめ。キャラ別では主人公「ターニャ・デグレチャフ」に投稿が集中し、かなり落ちて部下の「ヴィクトリーヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ」が次点。ターニャは今回3番目に投稿数が多いキャラですが、他のキャラが注目されていないためか作品全体としてはpixivでは伸びが弱い印象です。

アニメ「幼女戦記」より第1話の公式配信。原作はカルロ・ゼンの同名の小説。元はネット小説サイト「Arcadia」の投稿掲示板で連載された作品で2013年よりエンターブレイン(KADOKAWA)で刊行。日本のエリートサラリーマンが死んで異世界に女の子として生まれ変わり、魔術の才能と自身の才覚を駆使して帝国軍の中で成り上がっていく異世界転生ファンタジー。主人公ターニャの表情とCV悠木碧の演技が光る。

 「小林さんちのメイドラゴン」はニコ動・pixivともに急上昇の注目タイトルです。ニコ動ではOP「青空のラプソディ」の演奏してみたやMADなどが人気です。

 pixivでの投稿者はこちらも男性7割女性3割。今回最も男性投稿者が多く、また銀魂・弱ペダに次いで女性投稿者が多いタイトルです。海外の投稿者が3分の1と海外人気も高く、今回最も海外投稿者が多かったタイトルでした。キャラ別ではドラゴンの「カンナカムイ」や「トール」が人気。

 特に2話から登場の銀髪の少女の姿のドラゴン「カンナカムイ」の投稿が4週目以降増加しており、ニコ動・pixivともに急上昇の主な原因となっています。集計時点ではめぐみんに次いで2番目に投稿が多いキャラクターでした。

アニメ「小林さんちのメイドラゴン」より第1話の公式配信。原作は月刊アクション連載中のクール教信者の同名のマンガ。システムエンジニアの女性の家に山で助けたドラゴンが押しかけて同居するコメディ。「カンナカムイ」ちゃんが大変かわいい。ちなみに執筆途中までは、今期のニコ動公式配信1話で再生数トップでした。

 新作では「ガヴリールドロップアウト」も好調。動画ではMADやOP「ガヴリールドロップアウト」などが人気です。

 pixivでは投稿者の9割が男性。海外の投稿者も3割弱と高め。キャラ別では「胡桃沢=サタニキア=マクドウェル」がトップ、次いで主人公「天真=ガヴリール=ホワイト」「月乃瀬=ヴィネット=エイプリル」などが人気です。

アニメ「ガヴリールドロップアウト」より第1話の公式配信。原作はコミック電撃だいおうじ連載中のうかみの同名マンガ。天界の優等生だった天使ガヴリールが地上でネトゲにハマって自堕落な生活をはじめ、同じく地上にやってきた天使や悪魔たちと繰り広げるスクールコメディー。
1月開始アニメの主な10作品および下位で上昇中3作品の関連タグについて、1月1日スタートで7日間ごと区切ったニコ動での動画投稿数をグラフにしたもの。集計方法はグラフ1に同じ。★は6週目にピークのある箇所。Rewriteが6週目に増加しているのは関連ソーシャルゲーム「Rewrite ignis Memoria」オープンのため。6週目で劇的な増加をしている「けものフレンズ」は後述、また多過ぎる関係で6週目のグラフは一部しか表示できていません。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

STAR WARS バトルフロント II実況

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART