このページの本文へ

ゲーム音楽ステージも充実のラインアップ

Splatoon甲子園決勝戦やSplatoon2のデモプレーも実施する「闘会議2017」は明日開催!

2017年02月10日 13時13分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドワンゴは2月11日・12日の2日間に幕張メッセ国際展示場にて開催するゲームイベント「闘会議2017」の企画や各ブースの最新情報をウェブサイトに公開した。

 第2回Splatoon甲子園は、昨夏から全国各地の8地区で9つの予選大会を実施しており、残りは「関東地区大会」のみとなった。闘会議2017の1日目と2日目午前に、地区代表枠3つを懸けて関東地区A・B・Cブロックの3回戦~決勝戦を開催する。2日目の午後には全国の頂点を目指して、各地区代表15チームによる「全国決勝大会」を開催する。

Splatoon2フォトスポット

 そのほかに、1日目には「Splatoon2」のデモマッチも実施する。ただし一般の来場者の試遊体験はないので注意していただきたい。リアルブキ4種を実際に構えて写真撮影できるSplatoon2のフォトスポットや、これまでに開催されたSplatoon甲子園地区大会の決勝戦の様子を視聴できるイカス屋台なども設置予定だ。

 「ゲーム音楽ステージ supported by ヤマハミュージックジャパン」では、新旧さまざまなタイトルのゲーム音楽をバンドやアコースティック楽器で生演奏する。

滅ビノシロ 再生ノクロファミ箏

 1日目に実施する「『NieR』”滅ビノシロ 再生ノクロ”~闘会議2017Ver.~」ではNieRファン待望のコンサート「滅ビノシロ 再生ノクロ」の音楽ステージが復活し、2月23日発売の最新作「NieR:Automata」の楽曲も披露する。NieR:Automataのプロデュースを担当したスクウェア・エニックスの斎藤陽介氏や、ゲームクリエイターのヨコオタロウ氏などが出演予定。

 同日には箏や尺八、三味線などの日本古来の伝統和楽器を使ってゲーム音楽を演奏する和楽器演奏団体「ファミ箏」もステージで、「桃太郎伝説」などを演奏予定だ。

会場内ブース詳細マップ

 闘会議開催にさきがけたニコニコ生放送の配信も予定している。

闘会議2017 開催概要

開催日時:2月11日10:00〜18:00、12日10:00〜17:00
会場:幕張メッセ国際展示場1、4〜8ホール(2〜3ホールは共同開催のJAEPO2017の会場)
入場料:2日通し券は前売のみで2500円、1日券は前売1500円で当日2000円、団体入場券は1日券1500円(15名から)
主催:niconico

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社