このページの本文へ

物理演算とステージ探索を融合させたゲームシステムが特徴

ポケモンシリーズのゲーフリ最新作「GIGA WRECKER」Steamにて配信

2017年02月09日 19時57分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲームフリークは2月7日、2Dアクションゲーム「GIGA WRECKER(ギガレッカー)」をSteamにて配信開始した。価格は1980円。

 「ポケットモンスター」シリーズでおなじみのゲームフリークが開発し、グラフィックコンセプトデザイナーにはあさぎり氏、サウンド制作にはスーパースィープの細江慎治氏が参加している。2016年8月からSteam Early Accessを通じてユーザーからの声を受けながらブラッシュアップを重ねてきたタイトルだ。

 ガレキを操る能力を持つ少女「レイカ」が凶悪なロボット軍団が支配する世界を探索する2Dアクションゲーム。そびえる壁を破壊し、崩れ落ちた残骸に乗って、崖を登る……といった物理演算とステージ探索を融合させたゲームシステムが特徴。武器やマップを利用したパズル的な思考で障害やギミックを解決する知的達成感を味わえるという。



カテゴリートップへ

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい