このページの本文へ

東芝、巨大総合電機メーカー栄光と転落の歴史

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真提供:東芝未来科学館、Takahisa Suzuki

 取引先ランクは「プラチナ」──。東芝の主幹事を長年にわたって担ってきた野村證券は、東芝をトヨタ自動車と並ぶ最上位に位置付けてきた。創業から140年を超える歴史を誇り、金融業界からも厚遇を受ける名門の突然の転落劇。ものづくりの栄光と共に歩んできた1900年代との落差はあまりに大きい。

 そもそも東芝は二つの源流を持つ。一つは1875年に日本初の電信設備メーカーとして設立された田中製造所という「重電」の流れ。創立者の田中久重はからくり人形の新たな仕掛けを次々と考案し、「からくり儀右衛門」の異名で知られた天才機械技術者だった。

 もう一つは、「日本のエジソン」と称された藤岡市助が祖となる。藤岡は1890年に日本初の白熱灯製造会社である白熱舎(東京電気の前身)を創設して「エレクトロニクス」の流れを築いた。

 1930年には田中製造所から名を改めた芝浦製作所が日本初の電気洗濯機、さらに電気冷蔵庫の開発に成功する。39年に両社が統合して東京芝浦電気(84年東芝に改称)となった以降も、60年の日本初のカラーテレビ受像機、85年の世界初のノートパソコンなど、さまざまな「第1号製品」を世に送り出し、産業界にその名を刻んできた。

財界にも人材を輩出

 そんなものづくりの名門は財界にも人材を送り出してきた。

 東芝社長を経て56年に第2代経団連会長に就任した石坂泰三は4期12年会長を務め、当時の首相、鳩山一郎に公然と退陣を迫ったこともあった。彼の活躍がきっかけで経団連会長は「財界総理」の別名を持つようになったという。

 第4代会長に就いた土光敏夫は「ミスター合理化」として行政改革を推進。質素な生活で「メザシの土光さん」と国民に親しまれた。

 その後も東芝首脳は財界活動に熱心に取り組んできたが、3人目の「財界総理」は生まれていない。

 経団連副会長を務めた西室泰三や西田厚聰は会長の椅子への執着が強いとされたが、「東芝首脳の過度な財界活動が自社のガバナンス不在につながったのでは」とうがった見方をする財界関係者もいる。

 確かに、財界と距離を置いてきたライバルの日立製作所が、2008年度に7873億円という製造業で過去最悪の最終赤字を出しながら、グループ再編などを断行してV字回復したのとは対照的だ。

 財界で存在感を発揮していた名門転落のきっかけは下図の通り、大きく三つある。

 最大の要因は、主力だった原発事業に大打撃を与えた11年の東日本大震災。これで06年に手掛けた米原子力大手ウエスチングハウスの買収が悪手に転じ、今回の巨額損失につながる。15年に発覚した不正会計問題では信頼も失墜した。三大転落イベントが絡み合い、東芝は財務をむしばまれ、経営危機に陥ってしまった。

 転落した名門企業は自らの生き残りのため、なりふり構わぬ資産売却に走った。15年からの2年間だけで小さい資産も含めると1兆円分をたたき売り、3万人の人員を削減した計算だ。しかし、今回の巨額損失でその努力も泡と消える。もはや民間では制御できなくなった原発という火種を抱えている限り、この負のサイクルは底なしに続いていくだろう。(敬称略)

(「週刊ダイヤモンド」編集部)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ