このページの本文へ

「新学期を始めよう」キャンペーンがスタート

PTA役員でもOK!新品のMacを1万円以上安く購入する方法

2017年02月07日 12時30分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさま、こんにちは。アスキー(週刊アスキー+ASCII.jp)編集部の吉田ヒロでございます。さて、アップルは2月7日より、学生や教職員がMacまたはiPadを購入すると、割引としてギフトカードがもらえる「新学期を始めよう」キャンペーンを開始しましたよ。キャンペーンの終了は4月13日です。

2月7日〜4月13日まで約2カ月間、学生や教職員向けのオトクなキャンペーンを実施中です。PTA役員も対象になりますよ!

 対象となる人は、 大学、高等専門学校、専門学校の学生。これら教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒や大学受験予備校に在籍する学生もOKです。そのほか、小・中・高・大学・専門学校の教職員も対象になります。見逃してはならないのは、PTAの役員として活動中もしくは選出されて活動が決定した人もOKである点。世間ではいろいろ面倒だと言われているPTAの役員ですが、就任すればMacやiPadをアカデミック価格で購入できるのです。

 上記の対象者がMacを購入した場合は8500円ぶんの、iPad Proを購入した場合は5500円ぶんのApple Storeギフトカードがもらえます。注意したいのは、Macの場合はMac miniと整備品を除く全モデルがキャンペーンの対象になりますが、iPadはiPad Proシリーズのみという点です。

ギフトカードを合わせるとMacが通常よりも1万円以上もオトクに買えます。ただし、長らくアップデートのないMac Proの購入はお勧めしません

 アカデミック価格は、MacBook/iMacシリーズだと5000円程度、Mac Proだとお2万円程度、Mac miniだと2000円程度、一般の価格より安くなります。Mac mini以外はギフトカードがもらえることを考えると、通常よりも1万円以上オトクになりますね。

iPad Proシリーズのオトク度はMacに比べるとイマイチですが、この機会を逃すのはもったいないです

 iPadの場合、iPad mini 2は1000円程度、そのほかのモデルは2000円程度のアカデミック価格のほうが安くなります。iPad Proを購入すれば、5500円ぶんのギフトカードがもらえます。

学生、教職員向けのオンラインストアにちゃっかりと採用情報のリンクが設けられています

 ちなみにキャンペーンサイトをしたのほうまでスクロールしていくと、「Appleの採用情報」として、インターンの募集やスカラシップへの応募ページへのリンクが用意されています。

インターンシップだけでなく一般向けの募集も実施されています。2月7日付けで多くの職種で募集が始まりました

 このリンクをクリックすると、現在アップルが募集中の職種を検索して応募できます。履歴書や職務経歴書も送れるのでオンラインですべて完了しますよ。なお2月7日現在、インターンシップとして応募できるのは、iTunesとHardware Developmentの2つの職種となっています。

現在、インターンシップとして応募できる職種は、iTunesとHardware Developmentです

 また、このキャンペーンに合わせたApple Storeの無料イベントも始まります。2月7日時点で決まっているのは、Apple表参道で2月22日19時から開催される「iPad Proで最新のファッションデザインを楽しもう」、Apple銀座で同日同時刻に開催される「Art for Everybody: Flowers by NAKED」、3月1日17時にApple表参道で開催される「デジタルを活用してハンドメイドのある暮らしを楽しもう」の3つです。いずれもApple IDでサインインすれば、オンラインで予約できますよ。

Apple表参道で2月22日19時から開催される「iPad Proで最新のファッションデザインを楽しもう」
Apple銀座で2月22日19時から開催される「Art for Everybody: Flowers by NAKED」
3月1日17時にApple表参道で開催される「デジタルを活用してハンドメイドのある暮らしを楽しもう」

お詫びと訂正:キャンペーンの対象機種に誤りがありました。Mac miniは対象外です。また、iPadシリーズで5500円ぶんのギフトカードがもらえるのはiPad Proシリーズのみです(2月7日14時)

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中