このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第40回

スマホはまず性能!のスペック重視派のスピーディー末岡がチェック!

最強SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」の高性能ぶりをレビューする

2017年01月27日 11時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部、加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマホやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回はハイスペックな数々の機能が自慢の「HUAWEI Mate 9」をレビュー。ASCII編集部のスピーディー末岡が個々の要素をチェックしていく。

スマホは性能至上主義というスピーディー末岡が、最強のSIMフリースマホとも言われている「HUAWEI Mate 9」をチェックする

最速級のCPUを搭載!
5.9型のスマホながら片手で操作できるサイズ感

 昨年12月に発売されたばかりのHUAWEI Mate 9は、高性能CPUや5.9型の大画面ディスプレー、第2世代になったLeicaとのコラボによるダブルレンズカメラ、独自の高速充電システムなど、ファーウェイが持つ技術力が詰め込まれた新フラグシップ機だ。デジタルガジェットはとにかくスピードと性能を重要視しているスピーディー末岡としては、まずはスペックからチェックしていきたい。

HUAWEI Mate 9は5.9型ディスプレーを採用する大型モデル

 CPUには初採用となるオクタコアCPU「Kirin 960」を搭載する。このCPUは、ARM社が開発した高性能コア「Cortex-A73」をこちらも世界で初採用。Cortex-A73ベースの高性能4コアは2.4GHz、省電力向けのCortex-A53ベースの4コアは1.8GHzで動作する。また、3D性能も優れており、ARM社が開発したオクタコアGPU「Mali-G71」をまたまた世界で初採用だ。

 今回は、スマホの総合性能を測定する「Antutu Benchmark」(v6.2.7)と、3Dグラフィック性能を測定する「3DMark」(Sling Shot Extreme)でベンチマークテストを行なってみた。Antutu Benchmarkが10万を大きく上回る「128078」。3DMarkは「1988」。いずれも文句なく現時点でのトップクラスだ。

AnTuTu Benchmarkでパッとテストしただけでも13万近いスコアを叩き出した。現在のスマホでは最速級だ

 ディスプレーは前述のとおりに5.9型のIPS液晶で、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。コントラスト比が1500:1と高く、NTSC96%の広色域。実際に写真を表示させても鮮やか。HUAWEI Mate 9のロック画面ではさまざまな風景の写真が表示されるのだが、その鮮明さが印象的だった。また超狭額縁デザインにも注目である。横幅は約78.9mmに収まっており、5.5型クラスの端末と比べても、わずかに上回る程度の大きさで使いやすい。

狭額縁も本機の大きな特長だ

 というわけで、片手持ちしても問題ないサイズだ。また、角部分がラウンドしていることで手への当たりが柔らかく、ホールド感は良好である。

横幅は80mmを切っており、片手でも十分に使えるサイズ

大人の男女が持つのに合った外観
独自の高速充電技術も注目!

 デザインは、本体背面のメタルの質感が特に優れており、全体的に上品で大人の男女が持つと特に合うという印象。最強のスペックならば、それに見合うデザインでないともったいなく感じる。その意味でHUAWEI Mate 9は性能と外観がマッチしていると言える。

背面の緩やかなアーク形状に注目。これによりサイズが大きめでもしっかりとホールドできるのだ

 スペックに話を戻そう。日々の使い勝手に大きな影響を与えるバッテリーは4000mAhと大容量だ。これに加えて、独自の省電力システムを搭載しており、標準的な使い方では約2.4日、ヘビーな使い方をしても約1.7日というバッテリー動作時間を実現しているという。実際に作例撮影などで1日中ヘビーにテストしたが、夜に帰宅したタイミングでも追加充電の必要はなかった。

ただバッテリーサイズが大きいだけでなく、省電力回りの設定も用意されている

 また、ファーウェイ独自の充電技術「HUAWEIスーパーチャージ」もチェックしたい。これは、端末と充電器の間で通信を行なうことで常に最適な電圧/電流で充電しているという。スマホの高速充電にはいくつかの技術があるが、HUAWEI Mate 9では最大4.5V/5A(22.5W)の入力という大きさなので、バッテリーがゼロの状態から20分で1日分の充電ができる。この技術に対応したACアダプターももちろんパッケージに同梱されている。

本体下部にType-CのUSB端子を搭載。付属のACアダプターとケーブル経由で高速充電が可能

 ネットワーク面については、対応周波数はLTEだと、バンド1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29/38/39/40/41と幅広い。MWC取材やSuperGTなど、ヨーロッパにアジアと海外出張も多い身としては、これ1台で広く使えるのはメリットが大きい。LTEのキャリアアグリゲーションにも対応しており、通信速度は下り最大262.5Mbsとなっている。

 また、4G+3Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ仕様に対応している点も注目だ。たとえば仕事用とプライベート用の2枚のSIMを挿して、HUAWEI Mate 9の1台で両方を待ち受けすることができる。通話時に発信する番号を使い分けることも可能だ。海外出張時には、料金の安い現地SIMでデータ通信を利用し、普段使っている国内SIMも待ち受けという使い方も、近々実際に試してみるつもりだ。

SIMを2枚挿してのDSDS対応もHUAWEI Mate 9の大きな魅力だ
データ通信に用いるSIMは端末の設定項目から選べる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事