このページの本文へ

ディスプレーに高輝度・広視野角TFTカラーLED液晶を搭載

東芝、17万円から買える「dynabook RX73」など2017年春モデルを発表

2017年01月23日 12時00分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook RX73

 東芝クライアントソリューションは1月23日、2017年春モデルの店頭発売予定パソコンを発表した。

 13.3型モバイルノートパソコン「dynabook RX73」はディスプレーに高輝度・広視野角TFTカラーLED液晶を搭載し解像度は1920×1080ドットを誇る。目が疲れにくいノングレアを採用している。

 インターフェースにはマイク入力/ヘッドフォン出力端子、USB 3.0×3、RGB、有線LAN、HDMI出力端子。Blu-ray Discドライブ、もしくはDVDスーパーマルチドライブも搭載。Office Home&Business Premium プラス Office 365サービスも付いている。

dynabook RX73
CPUCore i5-7200U(2.50GHz)、Core i3-7100U(2.40GHz)
メモリー4GB、8GB、16GB
グラフィックインテル HD グラフィックス 620(CPUに内蔵)
ストレージ512GB SSD、256GB SSD、1TB HDD
バッテリーおよそ14.0時間、およそ11時間
カラバリプラチナホワイト、グラスファイトブラック
サイズおよそ幅316.0×奥行き229.0×高さ17.2~21.4mm
重量およそ1.35k(ホワイト)、およそ1.32kg(ブラック)
OSWindows 10 Home 64bit(Anniversary Update 適用済)
発売日1月25日

 市場予想価格はCore i5-7200Uと512GB SSD構成モデルが21万円台半ば、Core i5-7200Uと256GB SSD構成モデルが19万円台半ば、 Core i3-7100UとDVDスーパーマルチドライブ構成のモデルが17万円台前半。

 光学ドライブ非搭載の13.3型ノートパソコン「dynabook RX33」はCeleron 3865Uと4GBメモリー、1TB HDD、OSにAnniversary Update 適用済のWindows 10 Home 64bitを搭載。サイズがおよそ幅316×奥行き229×高さ18.2~22.4mmで重量はおよそ1.37kgで、およそ12.5時間駆動できるリチウムイオンバッテリーパックを搭載している。13万円台半ばで、2月下旬発売予定。

dynabook T85

 15.6型でOffice Home & Business Premium プラス Office 365を搭載した「Tシリーズ 」の2017年春モデルも発表された。各ラインアップの構成や価格は以下の通りだ。

dynabook T85
Core i7-7500U(2.70GHz)、16GBメモリー、インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)、512GB SSD、Windows 10 Home 64bit(Anniversary Update 適用済)、およそ7時間駆動、24万円台後半で2月上旬発売
dynabook T75
Core i7-7500U(2.70GHz)、8GBメモリー/16GBメモリー、インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)、1TB HDD、Windows 10 Home 64bit(Anniversary Update 適用済)、およそ7時間駆動、21万円台半ばで2月上旬発売
dynabook T55
Core i3-7100U(2.40GHz)、4GBメモリー/16GBメモリー、インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)、1TB HDD、Windows 10 Home 64bit(Anniversary Update 適用済)、およそ7時間駆動、17万円台後半で2月下旬発売
dynabook T45
Celeron 3865U、4GBメモリー/16GBメモリー、インテル HD グラフィックス 610(CPU内蔵)、1TB HDD、Windows 10 Home 64bit(Anniversary Update 適用済)、およそ7.5時間駆動、4万円台半ばで2月下旬発売
東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー