このページの本文へ

サイズ「IZUNA」

Kaby Lakeに最適なサイズの新作CPUクーラー「IZUNA」

2017年01月11日 22時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Kaby Lakeに最適とうたうサイズのオリジナルCPUクーラー「IZUNA」(型番:SCIZN-1000I)が発売された。120mmファンを搭載したコンパクトデザインが特徴だ。

Kabylakeに最適とうたうサイズのオリジナルCPUクーラー「IZUNA」

 「IZUNA」は、本体サイズが130(W)×83(D)145(H)mmの120mmファン搭載サイドフロー型CPUクーラー。高さ160mmクラスが一般な120mmサイドフロークーラーの全高を145mmと低くすることにより、取り扱いやすさと多くのPCケースとの互換性を確保したのが特徴だ。

120mmサイドフロークーラーの全高を145mmと低くすることで、利用可能なPCケースが大幅に増える

 厚みのある5mmの銅製受熱ベースプレートと組み合わされたヒートパイプは6mm径の3本構成。120mmのPWMファン「KAZE-ZYUNI」は、回転数が300±300rpm~1400rpm±10%、ノイズが3~28dBA、風量が5.6~79CFMというスペック。インテルのプッシュピン専用設計だが、LGA 2011/2011-V3は非対応となる。

厚みのある5mmの銅製受熱ベースプレート部分。「高精度ベース構造」により、CPUの発熱を確実に吸い上げるという

 価格は3542円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中