このページの本文へ

MISFIT VAPORとBluetoothヘッドフォンで音楽を聴くことができる

MISFIT初、GPS対応スマートウォッチ「MISFIT VAPOR」を発表

2017年01月10日 14時15分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MISFITは1月5日から1月8日までに開催されていた「CES 2017」にて、スマートウォッチ「MISFIT VAPOR(ヴェイパー)」を発表した。発売時期は2017年夏以降で、価格は199ドルを予定。日本での販売時期や販売価格は未定。

 丸型1.39インチのタッチパネルとGPS機能を搭載。心拍数や睡眠、運動を計測する活動量計機能を備えている。ヘッドフォンとBluetoothで接続し、スマートフォンを介さずにMISFIT VAPORのみで音楽を聴くことができる。また、交換用ストラップの販売を予定している。

CES 2017での展示
MISFIT VAPOR
ディスプレー丸型1.39インチ(およそ3.5cm)、アクティブマトリクス式有機EL、326ピクセルのタッチスクリーン
CPUQualcomm Snapdragon Wear 2100
ストレージ4GB
OS未定
バッテリーフル充電で約2日間連続使用可能
機能50m防水、加速度計、心拍センサー、GPS搭載、活動量・睡眠のトラッキング、各種通知の受信、音楽再生などの各コントロールも可能
ケース素材ステンレススチール
ケース径44mm
カラーバリエーションブラック、ローズゴールド(予定)

カテゴリートップへ