このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2017年も注目はSIMフリースマホ! 人気端末全カタログ ― 第2回

オクタコアCPUや指紋センサーはもはや常識、DSDS対応モデルも増加中

3~4万で十分以上の性能! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルハイ編】

2017年01月09日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミュンヘンデザインでDSDS対応の
ZTEのスタンダードなミドルハイ機「BLADE V7 MAX」

 ZTEはフラグシップ機の「AXON」シリーズを国内導入したが、こちらはよりスタンダードな「BLADE」ブランドの上位モデル。と言っても、ミュンヘンでデザインされたという薄型のメタル筐体は印象的。2.5D加工の前面ガラスの端が曲線になっており、ダイヤモンドカットが施された側面に滑らかに繋がっているのは、最近のトレンドに沿っている。

ZTEのミドルハイクラスは端末多数。こちらはDSDS対応で5.5型液晶搭載の「BLADE V7 MAX」

 スペックはフルHD解像度の5.5型IPS液晶、CPUがMediaTek製(MT6755 1.8GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、16メガカメラ(イン8メガ)、Android 6.0などで、無線LANは2.4GHzのみの対応(IEEE802.11n)と若干見劣りする部分もあるが、4G+3GのDSDS機能に対応しながら、3万円半ばという価格はうれしい。

薄型のメタル筐体を採用電波を2つつかんでいるのがわかる
指紋センサーは側面にある

ZTE自慢の特徴的なデザインのミドルハイ機
「AXON mini」

 ZTEの国内SIMフリースマホ本格参入第1弾として2015年に発売されたモデル。さすがに少し古いモデルで、OSもAndroid 5.1だが、特徴的なデザインに加えて、価格も下がっており、まだまだ魅力は十分だ。そのデザインの特長は、フルHDの5.2型有機ELディスプレーを搭載しながら、ベゼル幅が約0.85mmという超狭額縁で、横幅は約70mmというコンパクトさにある。

フルHDの5.2型有機ELに超狭額縁デザイン、指紋センサーなど、ハイスペックなZTE製端末「AXON mini」

 そのほかのスペックは、CPUにオクタコアのSnapdragon 615、3GBメモリー、32GBストレージ、カメラは13メガ(イン8メガ)、2800mAhバッテリーなどで、指紋センサーも搭載する。

特徴的なデザインが施されている

3万円切りで6型WQHD液晶&オクタコアCPU
FREETEL「SAMURAI 極」

 FREETEL製スマホは、端末価格から1つ2つ上のスペックが最大の魅力。「SAMURAI 極」は2015年のフラグシップ機で、すでに後継機も発表済だが、価格が税抜2万9800円と値下げされたことに加え、Android 6.0へのアップデートも提供されて、スペックを考えればお買い得な1台だ。

税抜2万9800円に値下げされた「SAMURAI 極」

 そのスペックは、WQHD解像度(1440×2560ドット)の6型液晶、オクタコアで2GHz動作のMediaTek製CPU(MT6795)、3GBメモリー、32GBストレージ、21メガカメラ(イン8メガ)、3400mAhバッテリーなど。指紋センサーも搭載している。

背面が和柄のモデルは受注生産

 次回の3回目はミドルクラスの中でも、もう少し安価な2万円台のモデルを中心に紹介する。この価格帯では以前は性能的にやや物足りない印象があったが、最近では普段使いに十分なCPUに加え、指紋センサー搭載モデルも増えており、実用度ではグッと上がっている。また、以前はミドルハイの扱いだったのに価格改定でミドルクラスに入ってきたというものも多い。ユーザー次第でうまくオトクに使える製品を取り上げる予定だ。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART