このページの本文へ

2017年も注目はSIMフリースマホ! 人気端末全カタログ第2回

オクタコアCPUや指紋センサーはもはや常識、DSDS対応モデルも増加中

3~4万で十分以上の性能! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルハイ編】

2017年01月09日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

背面ガラス素材でイメージチェンジ!
DSDS対応にカメラも進化、ASUS「ZenFone 3」

 人気のZenFoneシリーズの最新メインモデル。上位に「ZenFone 3 Deluxe」が別途用意されたこともあり、無印の「ZenFone 3」は5.2型と日本では人気のサイズを採用している。しかし、それ以上に前年モデルとの違いを感じるのは筐体デザイン。前面/背面ともに2.5D加工のGorilla Glass 3を採用。側面は丸みを帯びており、持ちやすさが印象的だ。

5.2型で比較的コンパクトになったZenFone 3
背面もガラス素材に。同心円の模様はあまり目立たない

 性能もこのクラスとしてはもちろん高く、オクタコアのSnapdragon 625、3GBメモリー、32GBストレージ、2650mAhバッテリーなど。カメラは16メガのソニー製センサーを採用。レーザーAF/位相差AFの組み合わせで高速AFを実現する。

 またネットワーク面でも4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応。さらにau VoLTEも利用可能で、au MVNOを含む、多数のMVNOからSIMとのセット販売が行なわれている。カラバリはサファイアブラック、パールホワイトの2色で、価格は税抜3万9800円。

こちらはパールホワイトのカラバリ

ダブルカメラなどHUAWEI P9の魅力がほぼそのまま
これはかなりのお買い得! ファーウェイ「honor 8」

 本国ではネット直販向けの端末に用いられている「honor」ブランド。そのハイスペックな1台が「honor 8」だ。

ダブルレンズカメラを搭載しながら、4万円台とお買い得な「honor 8」

 背面の2つのカメラやスペックからもわかるように、同社のフラグシップ機「HUAWEI P9」との共通点は多い。違いとしてはカメラにLeicaロゴや一部機能が無い点、CPUの動作クロックがわずかに低い点、また背面にガラス素材が用いられている点くらい(P9はメタル)、逆にメモリーは4GBに増量されている。それでいて価格は税抜4万2800円。つまりお買い得さが目立つ1台だ。なお、本機は楽天モバイルと公式オンラインストアでの限定販売である。

 HUAWEI P9との違いでも取り上げた端末の背面は、ガラス素材の下にフィルムが15枚重ねになっており、光の角度で見え方が違ってくるのが個性的。そのほかのスペックはフルHD解像度の5.2型液晶、オクタコアのKirin 950(2.3GHz+1.8GHz)、4GBメモリー、32GBストレージなど。

背面は光の見え方がさまざまに変化する。側面はメタルでダイヤモンドカットが施されている

上下対称のデザインや背面のガラス素材が美しい
Alcatel「IDOL 4」

 TCLコミュニケーションズが展開するAlcatelブランドは、もともとフランスの通信企業の携帯電話部門からスタートしているだけに、端末のデザインが一番の売りだ。

上下対称の形状は前モデルのIDOL 3と同様

 現在の看板モデル「IDOL 4」は上下対称デザインが特長で、実際に上下反対でも端末の操作や通話などが可能。印象的なのは背面のガラス素材で、光の線が見る角度によって姿を変えていく。

 主なスペックは、フルHD解像度の5.2型IPS液晶、オクタコアのSnapdragon 617(1.5GHz+1.2GHz)、3GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、2610mAhバッテリーといったミドルハイクラスの典型で、価格は税抜3万4800円。また、au VoLTEにも対応している。ただ、DSDSや指紋認証に対応していないのは少し残念なところ。

光の線が背面に映り込む製品箱がそのままVRグラスになる

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART