このページの本文へ

低価格で臨場感のあるサウンドを手に入れよう

1999円でバーチャル5.2ch! 3Dイヤフォンで映画やVRを楽しもう

2017年01月06日 16時15分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は1月6日、バーチャル5.2chの3Dイヤフォン「DN-914310」を発売した。価格は1999円。

 バーチャル5.2chのイヤフォンは、音声の立体感を感じることができる。映画鑑賞やゲーム、VRコンテンツで使用すると360度全方位で音が出ている場所から聞こえるので、より臨場感のあるサウンドを楽しめるという。

 ハウジングには高級感のあるアルミ材質、大口径15.4mmのドライバーユニットを搭載している。

 再生周波数帯域は20Hz~20kHzで、最大入力は4mW。感度は100dB(1KHz ±3dB)で、インピーダンスは64Ω±15%。接続プラグは3.5mm 3極ミニプラグ、ケーブル長はおよそ1.25m(Y型)。イヤーキャップ(S/M/L) とイヤホンケースが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ