このページの本文へ

ライブストリーミングに対応した次世代THETAが今春登場

リコー、24時間連続ライブストリーミング可能な全天球カメラ

2017年01月05日 19時17分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
RICOH R Development Kit

 リコーは1月5日、ライブストリーミングが可能で24時間連続撮影できる全天球カメラ「RICOH R Development Kit」を発表した。今年春の出荷を予定している。

 RICOH THETAでの全天球撮影機能を活かしつつ、2K解像度30fpsでライブストリーミングが可能という。THETA同様に前後に広角カメラを備える薄型ボディで、全天球映像フォーマットへの合成変換はカメラ内でリアルタイムに処理する。

 映像はHDMIまたはUSBで出力され、ACアダプターを使用すれば24時間連続稼働も可能。また、microSDカードスロットを備えて全天球映像の記録も可能。映像コントロールツールのソースコードは公開予定としており、さまざまな応用を期待しているようだ。

 ラスベガスで開催しているCES2017に展示するとともに、特設サイトでライブ配信を行なっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART