このページの本文へ

オートデスク製品との互換性も実現

InstaVR、48K解像度のモバイルVRアプリ作成を可能に

2017年01月01日 09時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3Dキューブマップ360度画像

 InstaVRは、2016年12月20日より、3Dキューブマップ360度画像のサポート、および、オートデスク株式会社の3Dキューブマップ360度画像が出力可能な製品との互換性の提供を開始した。

 これまでモバイルVRで扱える360度画像の最大解像度は4K(4096ピクセル)程度が限界とされており、没入感を妨げる大きな要因になっていた。InstaVRはこの限界の12倍に当たる48K(49,152ピクセル)の超高精細3Dキューブマップ360度画像をモバイルVRアプリに利用する新技術を開発・実用化し、InstaVRの機能として提供を開始した。

 さらに、InstaVRでは、3Dキューブマップ360度画像を出力可能なオートデスク製品との互換性を持たせることも可能にした。3Dキューブマップ新技術とオートデスク製品との互換性により、InstaVRユーザーは、3DCGを使用したVRアプリを約5分で作成できるようになる。

 今回、InstaVRが3Dキューブマップ360度画像の直接読み込みに対応したことにより、オートデスクユーザーはオートデスク製品の機能を使って既存の3D資産を3Dキューブマップ360度画像として書き出すだけで、InstaVR上でシーン間の移動や空間への情報埋め込み、BGM、ナレーションなどのインタラクティブ機能を追加し、ワンクリックでiOS、Android、GearVR 、Webなど、さまざまなVRプラットフォームに配信することができるようになるとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!