このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

充電不要で約4ヵ月から6ヵ月の連続使用が可能

新「MISFIT PHASE」は高性能ハイブリッドスマートウォッチだ!

2016年12月27日 11時15分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アナログ腕時計と活動量計が合体したMISFIT PHASE(MIS5004)価格2万5920円

 MISFITというと活動量計というイメージが強いが、12月22日に発売開始した最新モデル「MISFIT PHASE(ミスフィット フェイズ)」はiPhone、Androidともに対応し、活動量計としての機能だけでなくアナログ時計として、時刻表示が加わった。さらにBluetooth経由でスマートフォンと連携することで、スマホに届く電話の着信やメールやLINEなどを、スマホを取り出さずに時計上でバイブレーションと針の位置、色で確認できる、ハイブリッドスマートウォッチだ。

 MISFITは、ライフスタイルプロダクトを手がけるフォッシルグループに買収され、2015年11月からフォッシルグループとして製品を展開している。フォッシルグループは、自社ブランドのフォッシルやスカーゲンのほか、エンポリオ・アルマーニやマイケル・コース、ディーゼルなど、各ライセンスブランドの腕時計を手がけている。

 2016年秋よりフォッシルグループは、各ブランドで液晶タッチディスプレイを有するスマートウォッチや、針でスマホの通知を表示するハイブリッドスマートウォッチのリリースに力を入れており、MISFIT PHASEもそういった製品のひとつだ。ただしブランドごとの味付けもされており、MISFIT PHASEはこれまでMISFIT製品を愛用していたユーザーに受け入れられるような、仕上がりとなっている。

ケース径41mmで細めの腕でもフィットする

 MISFIT PHASEは文字盤とケースは丸型で、秒針はないものの長針と短針を使った見た目は、アナログ腕時計そのもの。ケースの外観素材はアルミニウムを使用、文字盤の外側のベゼル部分にアクセントとして、ステンレスを採用しているため、角度によってステンレスがキラリと光を受ける。

マグネット式のケースを開くと、本体とストラップが同梱されている

 ストラップはシリコン、もしくはレザーの2種類をラインアップしている。ケース径は41mmだが、ケースとストラップをつなぐラグ部分が、手首に沿うように傾斜がついたデザインのため、大きさを感じさせず女性でも腕になじむ。

 今回レビューで使用したのは、シルバーアルミニウムケースでシリコンストラップの「MIS5004」(価格2万5920円)だ。

右のMISFIT SHINE 2のケース径30.5mmに対して、左のMISFIT PHASEはケース径41mmと一回り大きい

汗をかいたら水で洗える50m防水

 MISFITの愛用者は、ランニングやヨガなどスポーツでカラダを動かすアクティブなユーザーが多く、汗をかいたり、雨天やプールなどでも安心して使える防水機能が、購入するときに選択ポイントになるだろう。MISFIT PHASEの本体は50m防水に対応しており、水泳や運動したあとのシャワーなど、水濡れを気にして取り外す必要がない。

 さらにシリコンストラップは、ボタンで本体に装着。取り外しが簡単なので、ストラップがちょっと汚れたら、本体から取り外してストラップだけを水洗いできる。

ストラップの取り外しはボタン式で、特別な器具不要だ。幅は20mmで、同じ幅であれば市販のストラップにも交換可能

 連携するアプリ「MISFIT」は、iPhone、Androidともに対応し、これまでMISFIT製品で使用していたアプリと同じだ。そのため新規ユーザーはもちろん、すでにMISFITを使っているユーザーなら、新デバイスとしてMISFIT PHASEを追加するだけでオーケー。これまで取得したデータはそのままで、MISFIT PHASEを使い始められる。

専用アプリ「MISFIT」のデバイス追加からMISFIT PHASEを選んでペアリングする一日の活動量をモニタリングし、歩数、距離を記録する。週や月単位で記録を表示する睡眠の長さと質のデータもとれる。バイブレーションアラームを設定すれば、目的の時間に目覚めることも可能

 本体右側面には2つのボタンを装備。2時位置の上のボタンを1回押すと長針と短針が動き出し、アプリで設定した活動量の目標達成具合を表示。文字盤一周を100%として、どれくらい達成しているかがわかるようになっている。

前へ 1 2 3 次へ