このページの本文へ

今週発売! ライカカメラ搭載で6万円強の「HUAWEI Mate 9」を写真でチェック!

2016年12月15日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンから発表された新フラグシップ機「HUAWEI Mate 9」。HUAWEI P9に続いて、ライカのダブルレンズカメラのほか、最新の高速CPUも搭載。さらにDSDS対応など、非常に高性能な中身にも関わらず、税抜6万円強という価格で注目を集めている。早くも今週末に発売される、このMate 9をまずは写真とスペック中心に紹介しよう。

Leicaのロゴ付きのダブルレンズを搭載した「HUAWEI Mate 9」

5.9型の大型スマホも性能的にはほぼ文句なし
ライカのダブルレンズにDSDS対応まで!

 まず、ディスプレーはフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.9型液晶を採用。絶対的には大型のスマホではあるのだが、狭額縁により横幅は78.9mmと80mmを切っているほか、2.5D加工のガラスを採用することで(保護フィルムには苦労しそうだが……)、画面の縁は丸みを帯びており、片手でも持てるサイズ感になっている。

5.9型ディスプレー搭載ということで大型スマホなのは間違いない
まずはシャンパンゴールドのカラバリから。やや光沢がある表面処理が施されている
前面は2.5D加工のガラスが用いられている
つづいてはムーンライトシルバー。こちらはより金属筐体らしさを活かしている印象
ちなみにUSB端子はType-Cだ
こうやって2色のカラバリを並べてみると違いがわかりやすい

 Mate 9の自慢の1つが新開発の最新CPU「HUAWEI Kirin 960」(2.4GHz+1.8GHz、オクタコア)。動作クロックだけなら、HUAWEI P9の「HUAWEI Kirin 955」(2.5GHz+1.8GHz、オクタコア)よりも少し下がっているように見えるが、Kirin 960の高性能コアはARMの新コア「Cortex-A73」をベースにしている(Kirin 955はCortex-A72ベース)。GPUについても同様にARM開発の新コア「Mali-G71」になり、発表会でもライバルのSnapdragonなどを上回る性能を持つことがアピールされていた。

CPUやGPUの性能は発表会でもアピール

 そのほかのスペックは4GBメモリー、64GBストレージ、4000mAhバッテリー、指紋認証センサー、Android 7.0など。バッテリーについては、4.5V/5A(22.5W)での充電が可能な独自技術「SuperCharge」に対応。付属のACアダプターでもこのSuperChargeが利用できる。

 また、ライカブランドが付いたダブルレンズカメラは第2世代に進化している。具体的には、HUAWEI P9では12メガのRGBセンサーに同じ12メガのモノクロセンサーの2つだったのに対し、Mate 9では後者が20メガに強化されている。さらに光学式手ブレ補正機能も追加されている。F値0.95~16でデジタル絞りを行なったり、撮影後にピント位置を変更できる「ワイドアパーチャ撮影」ももちろん可能。夜間撮影でのより美しい写真や、高画素のモノクロセンサーを活用した2倍ズームなど、今回もカメラ周りには自信がありそうだ。

発表会での注目度が一番高かったのはやはりカメラ。HUAWEI P9にはなかった光学式手ブレ補正も搭載された
HUAWEI P9(右)とはレンズの配置が異なる。5.2型ディスプレーのHUAWEI P9とは本体サイズも大きく違うため、すみ分けは可能だろう
焦点位置を変えられるワイドアパーチャ撮影
ライカ風の写真が楽しめる「フィルムモード」の操作は、HUAWEI P9では設定メニュー内にあったが、アクセスしやすい場所に移動した

 ネットワーク面ではグローバルでのフラグシップ機らしく、対応周波数はかなり多く、海外での利用にも適している。さらにファーウェイのSIMフリー機では初の4G+3G対応のデュアルSIMデュアルスタンバイにもついに対応した。

4G+3GのDSDS対応もMate 9での注目機能の1つ。ただし、2つのnanoSIMスロットのうち1つはmicroSDと排他仕様だ

 価格は税抜で6万800円と高価な端末とはいえ、その性能を考えるとお買い得感はかなり高い。年末年始の旅行などで使いたいというなら、早めの決断が必要かもしれない。

ファーウェイ「HUAWEI Mate 9」の主なスペック
ディスプレー 5.9型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約78.9×156.9×7.9mm
重量 約190g
CPU HUAWEI Kirin 960
(2.4GHz+1.8GHz、オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 7.0(EMUI 5.0)
対応ネットワーク LTE:バンド1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19
/20/25/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:バンド1/2/4/5/6/8/19
DSDS(4G+3G)
CA対応 ○(3CC)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ+20メガ/イン:8メガ
バッテリー容量 4000mAh
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
価格(税抜) 6万800円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

壊れたらごめん、Core i3-7350Kを公開OC

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART