このページの本文へ

これほど小さくてもXeon搭載、グラフィックや各種業務にいろいろ使える

ミニPCのなみの小型ワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」

2016年12月13日 16時59分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HP Z2 Mini G3 Workstation

 日本HPは12月13日、CADや動画編集などの高負荷作業向けのミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。2017年1月中旬に発売する。

 従来の省スペースワークステーション(HP Z 240)に比べて約80%の小型化を実現しつつ、最大6台のディスプレー出力が可能。ディスプレー背面や壁面や設置も可能(VESAマウント別売)など、業務で利用しやすくデザイン性の高いワークステーションとなっている。

同社の革新的内部ファン機能を採用し、放熱性と静粛性も両立させている 

CPUにインテルXenon E3-1225v5またはE3-1245v5を搭載、メモリー8GB~32GB、ストレージは256/512GB SSDや1TB HDDを選択可能。グラフィックコントローラーはNVIDIA Quadro M620。USB3.1 Type-C/DisplayPort1.2×4などを搭載。

VESAマウントを用いて壁やディスプレー裏に設置することも可能 

 本体サイズはおよそ幅216×奥行き216×高さ58mm、重量約2.08kg(標準構成時)。OSはWindows 10のほか、 Linux OSもサポート。価格は14万5800円より。

■関連サイト

カテゴリートップへ