このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第31回

美しいデザインのスマホアクセサリ「Bluelounge」:Xperia周辺機器

2016年12月11日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xperiaを活用する際に身近に置いておきたくなるアクセサリーとして、トリニティの“Bluelounge”シリーズのアイテムを3つまとめてご紹介します。

 まずひとつ目が、シンプルなアルミスタンド「Mika(マイカ)」です。

 くの字型に折れ曲がったデザインで、アルミニウムの質感を生かしたオシャレな外観。先端部分はTPU素材で、Xperiaを傷つけることなく支えられるスタンドです。一定の角度で支えるため角度は変えられませんが、Xperiaの画面とタップしてもグラつかないので、安心して操作できます。

 スタンドの自重で支えているのではなくバランスで支えているので、重量は210gくらいと軽く移動もラクラクです。特に「Xperia Z4 Tablet」や「Xperia Z3 Tablet Compact」のようなタブレットタイプを立てかけておき、動画や写真を見るのにピッタリ。フォトフレーム的な使い方も良さそうです。

 スタンドの後ろにはケーブルクランプを付けられるようになっており、充電しながら使う場合でも後ろにスッキリと配線を逃がすことができるのもポイントです。

 大きめのタブレット以外にも、5インチ以上のXperiaシリーズも載せられます。さすがに本体底面にあるmicroUSB端子やType-C端子にケーブルは接続できませんが、ちょうどいい角度で保持してくれるので、PC作業をしている横に置いてみたり、ふだん使わないときの置き場所にしておくのも良いかもしれません。

 Xperiaに必ずといっていいほど必要なmicroUSBケーブルなど各種ケーブル類をまとめようと思った際、ついつい購入時に最初に束ねてあったビニールタイ(針金のようなもの)を使い続けてしまったりもしますが、これまた行方不明になることが多かったりもします。

 そこで2つ目は、身の回りのものを束ねることができるロック付きゴム製バンド「Pixi(ピクシィ)」をご紹介いたします。

 ゴムバンド部分を引っ張ると細く伸びるので、そのままロック機構のレールに挟み込みます。バンドを離すとゴムが縮んで元の太さに戻るので、挟んだレールとの隙間が無くなりギュっとロックされます。

 ロック後にバンドを引っぱれば長さの調節もできたり、外したいときは留めたときの逆で細く伸ばすと外れるといった具合に、何度でも繰り返して使えるマルチスマードバンドです。

 シンプルにケーブルをまとめるもよし、下からテーブル脚を伝ってケーブルを伸ばしていく際の固定に使ってもよしと、なかなかの万能っぷりを発揮してくれます。「Pixi(ピクシィ)」にはS、M、Lの3サイズがあり、今回使ってみたのはSサイズです。12cmと20cmのマルチスマードバンドは各4本づつ、計8本入っていました。カラーバリエーションも豊富で、気分でカラーをそろえてみるのも良さそうです。

 そして3つ目は、イヤフォンなどのケーブルをスッキリまとめて収納できる「Cableyoyo(ケーブルヨーヨー)」です。

 Xperiaで音楽を聴く際はインナーイヤーヘッドフォンを使うユーザーが多いかと思いますが、これもまたビニールタイでとめておくかグルグル巻きにしておくことが多く、見た目もキレイではありません。

 「Cableyoyo(ケーブルヨーヨー)」を使うとどうなるかというと、イヤフォンケーブルをくるくると巻きつけていくと、シリコンカバーの内側にプラグ部分もいっしょに隠せます。最後にイヤフォンのドライバー部分を中央にあるマグネットにピタっとくっつけておけば収納完了です。

 収納された状態であればシリコン素材に収まっているため、カバンの中に入れておいても他のモノと干渉して傷が付くこともありません。いざイヤフォンを使おうと思ったら真ん中の穴に指を引っ掛け、ケーブルを引っぱればあっという間にイヤフォンを取り出すことができます。

 どれも機能的でありながら、かつ見た目もオシャレなアイテムです。Xperiaの細かなアクセサリーとして機能だけを優先するのではなく使いたくなるデザイン性があると、毎日使うのがまた楽しくなりますね!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART