このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第487回

望遠レンズを持って河原の猫たちを撮ってみた

2016年12月09日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日向に出てきたキジトラを望遠で。日差しがあたたかいのか、日向に出てまぶしかっただけなのか、目を気持ちよさそうに閉じてる(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)
日向に出てきたキジトラを望遠で。日差しがあたたかいのか、日向に出てまぶしかっただけなのか、目を気持ちよさそうに閉じてる(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)

 ときどきふらりと猫に会いに行く河原がある。

 最近、このあたりの猫の世話をライフワークにしてるんじゃないかという、いつもラジオで競馬を聞きながら猫回りを片付けたりしてる隙間だらけの歯のおっちゃんがいて、相変わらず楽しそうに猫と戯れてるのである。

 ここまで足を伸ばしたのは夏以来だったが、おっちゃんは私を覚えていて「よっ、ひさしぶり」とにこやかに声をかけてくれるのである。もちろん名前も素性も知らない。

 夏に訪れたときの子猫はすっかりやんちゃに育ってる。

 でもちょっと数が少ない。

 おっちゃんによると、4匹いたが、2匹は近所の人にもらわれていったんだそうな。よい話である。

 残った子猫のうち1匹が冒頭写真の猫。

 日差しを浴びて気持ちよさそうだが、実はこの日、北風が冷たくてものすごく寒い日だったのだ。街ではそうでもなくても、川っぺりは風がよく抜けるのでものすごく寒いのだ。

 まだ若い分元気がいいので面白がって観ていると、どんどん川の方へ歩いて行く。

 私のすぐ横にいた猫常連らしきおばさまが「あの子、いつも川まで水を飲みにいくのよ。見てる方がひやひやするわ」と誰に話しかけるでもなく言う。私に言ったのかもしれないし、近くにいた他の人かもしれないし、ひとりごとかもしれない。

 思わず望遠レンズを装着してファインダーを覗く。最近望遠で猫を撮るのがマイブームなので今回も望遠系でである。

 ほんとに川に顔をつっこんで水を飲んでるではないか。

かなり遠くから望遠でそっと。草が邪魔でよく見えないが、ギリギリの位置から川の水を直接飲んでるのである。なんかの拍子で落ちやしないかと見てる方がドキドキ(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)
かなり遠くから望遠でそっと。草が邪魔でよく見えないが、ギリギリの位置から川の水を直接飲んでるのである。なんかの拍子で落ちやしないかと見てる方がドキドキ(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)

 いや、猫は水たまりやちょっとした流れてる水を飲むのは好きだけど、これだけの大河に挑戦してる姿ははじめて見た。

 そりゃまあ確かにこの水なら涸れることなくいつでも飲めるだろうけど、見てる方としては危なっかしくてしょうがない。

無事飲み終えて、当たり前のようにペロっ。でももうちょっと安全なとこで飲んでいただきたい(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)
無事飲み終えて、当たり前のようにペロっ。でももうちょっと安全なとこで飲んでいただきたい(2016年11月 オリンパス OM-D E-M1)

 が、いつもやってるようで、無事水を飲み終え、気持ちよさそうにドヤ顔でこっちに戻ってきたのである。

 ちょっと面白いものを見た。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART