このページの本文へ

ニーズに合わせてサポート内容選択可能

NTT Com、AWSの導入・運用を支援するサポートメニュー提供

2016年12月08日 15時55分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービス提供イメージ

 NTTコミュニケーションズは12月8日から、セキュアな閉域網上にマルチクラウド環境を構築できるサービス「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect(Multi-Cloud Connect)」において、AWS(アマゾンウェブサービス)の導入・実装・運用を一元的に支援するサポートメニューの提供を開始した。

 同サービスは、クラウド、ネットワーク、LAN環境すべてをサポート範囲としている。またユーザーのニーズに合わせて、必要なサポート内容を自由に選ぶことが可能。メニューの一例は以下の通りだ。

クラウド接続メニュー
 Multi-Cloud Connectからの各クラウド接続にともなうユーザーLAN環境の構成検討や、回線開通に関わる作業をサポートする。価格は11万8800円~。

AWS利用メニュー
 AWSの構成および各リソースの設計・設定、導入などを一貫してサポート。価格は37万8000円~。

Microsoft Azure利用メニュー
 Microsoft Azureの構成および各リソースの設計・設定、導入などを一貫してサポート。価格は37万8000円~。

Office 365利用メニュー
 Office 365のテナント開通や「Exchange Online」など各種サービスの設計・設定、導入などを一貫してサポート。価格は50万円~。

 また、NTT Comのエンジニアもサポートに参加。ネットワーク環境に関するノウハウを有しているため、クラウド導入に際して必要となるWAN環境の設計などについても、安心して任せられるとしている。

稼働やコストの大幅な削減も可能

カテゴリートップへ

ピックアップ