このページの本文へ

KDDI、ビッグローブの買収を正式発表 総額約800億円

2016年12月08日 15時15分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、ISP事業などを行なうビッグローブの全株式を日本産業パートナーズ管理のファンドから取得する契約を締結したことを発表した。総額は約800億円で、2017年1月をめどとして完全子会社化するとしている。

 ビッグローブ(BIGLOBE)のサービスは、NECが運営していたISP事業「mesh」、パソコン通信「PC-VAN」などを統合してスタート。2006年にNECビッグローブとして分社化されたのち、日本産業パートナーズへの売却によって、2014年4月にはビッグローブとしてNECから独立していた。

 現在は固定回線のサービスを中心に200万人超の会員を抱えるほか、ドコモMVNOでのモバイルサービスも展開しており、こちらは約40万人のユーザーが利用しているとする。

ドコモMVNOでのモバイルサービスを提供するビッグローブだが、AmazonではKDDI子会社でau MVNOのUQ mobileのSIMも扱っている

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART