このページの本文へ

AWS環境へのBIG-IP ASMの導入が最短1営業日で可能に

クラスメソッド、「AWSテンプレート」のメニューとしてF5のWAFサービスを提供

2016年12月08日 12時55分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クラスメソッドとF5ネットワークスジャパンは12月7日、「AWSテンプレート」のメニューとして、「BIG-IP Application Security Manager(BIG-IP ASM)」を提供開始した。

 AWSテンプレートは、クラスメソッドがユーザーのAWS(アマゾンウェブサービス)利用を総合的に支援する「メンバーズ」のオプションサービスの1つ。メンバーズでは、クラスメソッドがAWS構築に関するコンサルティング、AWSインフラ運用、24時間365日体制でのセキュリティー監視などを代行し、ユーザーがビジネスに注力するためのさまざまなサポートなどを提供する。

 BIG-IP ASMは、F5が提供するWAFサービス。アプリケーションレイヤーのデータを解析して、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどのアプリケーションへの攻撃を検知する。また、ポジティブセキュリティーと過去に認識された攻撃パターンをデータベース化したネガティブセキュリティーの併用によって既知や未知の攻撃を防御するとしている。

 今回のサービスを利用することで、AWS環境へのBIG-IP ASMの導入を最短1営業日で完了できるという。また、ユーザー企業のさらなるセキュリティー向上に貢献。クラスメソッドが保守サポートの1次窓口となり、BIG-IP ASMの運用を支援する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ