このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ついに3万円台から可能に! 4K BD再生環境構築第1回

驚きの品薄状態が続く「Xbox One S」の目玉である4K UHD BDを解説!

2016年12月12日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 11月24日に発売された「Xbox One S」(直販価格 3万7778円)。従来機より本体体積を約40%小型化しながらも、4K対応を果たした注目のゲーム機である。

 日本においては「Xbox One」の認知度があまり高くないため、そんなに急いで買わなくてもいいのではないか……と思われたが、なんと即日完売。現在のところ品薄の状態にある。

 そんなXbox One Sの魅力のひとつが、UHD BD再生を含む4Kコンテンツへの対応だ。現行の地デジ放送やBDソフトなどのHDコンテンツに対し、4Kなどの高精細な映像はまとめて4Kコンテンツと呼ばれている。

 2015年にスタートした4K試験放送(現在はスカパー! 4Kに統合)をはじめ、動画配信サービスでの4K映像の配信など、着実にコンテンツが増えてきたが、なかでも画質においてもっとも優れているとされるのが、UHD BDソフトである。

 同じく4K対応のゲーム機である「プレイステーション4 Pro」(以下PS4 Pro、希望小売価格 4万8578円)はUHD BDの再生には対応しないので、Xbox One Sのアドバンテージと言えるだろう。

3万円台で買える「Xbox One S」は
4K対応でUHD BDの再生が可能!!

Xbox One S
Xbox One S
4K&HDR対応のHDMIケーブルが付属する 電源が内蔵されたので外に出る電源ケーブルはこれだけ
4K&HDR対応のHDMIケーブルが付属する電源が内蔵されたので外に出る電源ケーブルはこれだけ

 実は4Kコンテンツの波は、ゲームの世界にも到来している。すでにハイエンドPCを使ったゲームの世界では、4K解像度でレンダリングしてゲームをプレイするユーザーが少なくないし、ゲームソフト側でも4Kレンダリングに対応した精密な映像のためのデータを持つタイトルも少なくない。

 そんなタイミングで登場したのが、PS4、Xbox Oneの上位グレード機であるPS4 ProとXbox One Sだ。

 どちらも4K表示に対応するなど、主にグラフィック能力を向上したことが大きな特徴。ゲームソフトとしては基本的にPS4用、Xbox One用が使用できる。

 PS4 Proも、高精度な4Kアップコンバートによる4K表示、HDR対応といった高画質性能を持つが、残念ながらUHD BDの再生には非対応。Netflixなどの動画配信サービスでは4K+HDRコンテンツを楽しめるが、オーディオ&ビジュアルに興味がある人にはちょっと残念なところだ。

出力解像度の設定。「4K」が選べる 色深度は32bitまで選択できる
出力解像度の設定。「4K」が選べる色深度は32bitまで選択できる
ダイナミックレンジの設定。「自動」を選ぶこともできる ダイナミックレンジの設定。「自動」を選ぶこともできる
BD再生アプリをダウンロードする必要がある。Xbox One S用に用意された4K対応アプリだ
BD再生アプリをダウンロードする必要がある。Xbox One S用に用意された4K対応アプリだ

 Xbox One Sは、アップコンバートによるゲームなどの4K表示、HDR対応はもちろんのこと、Netflixのような動画配信サービスの4K+HDRコンテンツにも対応。そして、UHD BDの再生が可能になっている。

 従来モデルに比べて、本体サイズが体積比で40%減少したスリムサイズを実現したこと。本体のほかにそれなりの設置スペースを必要とした大きなACアダプターも内蔵となったので設置性が大幅に向上しているなど、かなり魅力を増したものになっている。

本体背面。HDMIの出力はもちろん、入力も備える
本体背面。HDMIの出力はもちろん、入力も備える

 また、Xbox Oneと同様にHDMI入出力を備えているので、CATVチューナーやBDレコーダーなどを接続し、テレビ放送を見ることも可能。ゲームを見ながらテレビも見るような、2画面表示機能も備えている。こうした機能を含めても、AV機能としてはなかなか充実したものになっている。

 大きなポイントと言えるのは、その価格。Xbox One Sは国内向けに発売された「Xbox One S 1TB Halo Colection 同梱版」が3万7770円。最新のゲーム機としては十分に手の届く価格だし、UHD BDが再生できる機器としては現在のところもっとも安価だ。

 UHD BD対応のプレーヤーとしては、パナソニックの「DMP-UB90」が実売 6万円前後。これを考えると、UHD BDが再生できて、最新のゲームを4K解像度で楽しめるXbox One Sの方がお買い得となる。

 ところで、UHD BDとはどんなものなのか? 仕組み的なことも含めて次ページで少し詳しく紹介していこう。

Xbox One Sはまったく買えないわけではない!?

 編集担当がXbox One Sを購入したのは12月に入ってからだ。11月の発売日以降、ネットの情報を見る限り、正規の価格で売っているところはなかったわけだが、それでも購入できた。

 どうして購入できたのか? それは量販店のオンライン販売ページを毎日チェックしていたからである。

 発売日以降、量販店のオンライン販売ページは「販売休止中」「販売終了」となっていて、買えない状態が続いた。半ば年内の購入はあきらめていたのだが、ある日、ヨドバシ.comのページに変化があった。

 「販売休止中」でオンラインでは買えない状態は同じなのだが、その下に小さく表記されている店舗在庫数が「0」から「13」になっていたのだ。

 販売休止中なのに在庫がある? はじめは間違いかと思ったのだが、店舗数の数字がどんどん減っていく。あれ? これは本当にリアル店舗には在庫があって、それがどんどん減っているのでは? と考え、急いで近隣の店舗を見に行ってみたのだ。

 そしたら……案の定あった! しかもそれがその店舗では最後の1台。こうして、編集担当はXbox One Sをゲットできた。

 その後、ネット上では相変わらずどの店舗でも品切れ状態なのだが、実際にところビックカメラのリアル店舗に行ってみると、少量ながらも在庫があるケースも見られた。ネットの情報だけを過信しない方がいい、と思わせる出来事だった(編集部ハシモト)。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン