このページの本文へ

ブロックチェーンの実用化にむけさらなる技術検証を推進

日本IBM、東京証券取引所とブロックチェーンなどの技術検証で合意

2016年12月02日 17時22分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本IBMのブロックチェーン技術

 日本IBMは11月30日、東京証券取引所とブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型技術検証で合意したと発表した。

 東京証券取引所が、大阪取引所、日本証券クリアリング機構などのJPXグループ各社と共同で開始する証券市場インフラへのブロックチェーン/分散型台帳技術の適用可能性を検証するもの。

 日本IBMでは国内金融機関等とともに2016年2月より実施した低トランザクション市場を想定したブロックチェーン技術の実証実験を支援している。今回のプロジェクトでは、前回の実証実験に引き続き、Linux Foundationが提唱するハイパーレジャー(Hyperledger)プロジェクトのブロックチェーン基盤であるハイパーレジャーファブリックを利用するという。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!