このページの本文へ

ASCII 冬のベストセレクション 2016第3回

女子編集者ナベコ(グルメ担当)がオススメするスマートグラス

おいしい食事とお酒には、MOVERIO「BT-300」がピッタリ!?

2016年12月02日 11時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンのMOVERIO(モベリオ)「BT-300」は、シースルータイプのスマートグラスとコントローラーで構成されたウェラブル製品。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は8万円前半(税別)です。

エプソンのMOVERIO(モベリオ)「BT-300」

 BT-300は、独自技術によって小型化を進め、一段とメガネに近づいたことがポイントです。重さも約69g(ケーブル、シェードは含まず)となり、前モデル「BT-200」から約20%の軽量化を実現しています。普段メガネをかけている方なら、BT-300同梱のメガネ専用鼻パッドに変えることで、そのまま装着可能になっています(対応するメガネ幅は約147mmまで)。

「BT-300」は、チタン製ワイヤーとシリコン製鼻あてのタイプを採用。同梱のメガネ専用鼻パッドに変えることで、メガネをかけたまま装着できます
メガネのツル部分は、内側に巻き込むようなデザイン。ラバーも配置されていて、ズレにくいです

仮想空間の食べ物よりも、本物の食べ物とお酒のほうが魅力的

 BT-300は、デジタル情報だけで作られた“仮想空間”を見られるVRデバイスと違い、現実の世界を肉眼で見ながらディスプレイにデジタル情報を表示させます。AR(Augmented Reality、拡張現実)とも呼ばれています。

 たとえばVRは、おいしい食べ物とお酒を出してくれるお店を再現した仮想空間に入り込むもので、一方のARは、実際にお店に行っておいしい食べ物とお酒をいただきながら、ディスプレイにその食べ物やお酒の情報を表示させるという感じでしょうか。腹ぺこ女子としては、仮想空間の食べ物よりも、本物の食べ物とお酒のほうが魅力的です。

 BT-300は、シリーズ初のシリコンOLEDディスプレイを採用した影響で、表示映像が予想以上にキレイで見やすいのもうれしいところ。好みの映画やドラマも見応えがあって、ひとり飲みでも退屈することはありません。くつろぎながら見られるので、オススメです!


ナベコ

寅年生まれ、腹ぺこ肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になっても愉快にやっていきたい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題 」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

カテゴリートップへ

この特集の記事
『MOVERIO BT-300』のすべてを紹介!