このページの本文へ

今後5年から10年先の働き方「Future Ready Workforce」

デル、羽田空港にて次世代のワークスタイルを体験できるイベントを開催

2016年11月16日 14時56分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「次世代の働き方」ショールーム イメージ

 デルは11月15日、羽田空港にて次世代のワークスタイルを体験できるイベント「次世代ワークスタイルショールーム」を開催すると発表した。

 同社が提唱する次世代の働き方「Future Ready Workforce」を体験できるもので、今後5年から10年先を見据えたオフィス環境やネットワークを介した外出先でのワーキングスタイルを展示・体験できるイベント。

 インテルが協賛しており、羽田空港第2旅客ターミナル2F通路にて展示を行ない、南側の「次世代の働き方ショールーム」ではラウンジやカウンターを設置、インテル Uniteソリューションの展示や体感を行なう。通路を挟んだ北側ではNew XPSシリーズやLatitudeシリーズなど、同社製品やPCアクセサリーのタッチアンドトライコーナー「最新ソリューション」を展示する。

最新ソリューション展示 イメージ 

 開催期間は11月28日~11月30日(午前10時~午後6時)。羽田空港第2旅客ターミナル2Fの南側/北側イベントスペース、入場は無料。来場してアンケートを答えるとデル限定お菓子のプレゼント。デル製品を持っている人には抽選でデルPCアクセサリのプレゼントが用意される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー