このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第482回

iPhone 7 Plusの被写界深度エフェクトで猫を撮る

2016年11月04日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
とうとう猫が日向を求める季節がやってきた、ってことで、日向ぼっこしてるうちの「かふか」。背景の窓がほんのりとボケてるのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)
とうとう猫が日向を求める季節がやってきた、ってことで、日向ぼっこしてるうちの「かふか」。背景の窓がほんのりとボケてるのがポイント(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 さて、先日、iPhoneのOSがiOS 10.1にアップデートされ、カメラ機能に待望の「ポートレートモード」がついたのである。

 その「ポートレートモード」は「被写界深度エフェクト機能搭載」がウリ。

 被写界深度エフェクトってわかりづらいけど、ひらたくいうと「デジタル一眼で撮った写真のように背景がいい感じにボケてくれる」ってことだ。

 猫を撮りたくなるでしょう。

 もっとも、最初の起動で「ベータ版」であると宣言される。正式な機能としてリリースするレベルにはいたってないけど、とりあえずちゃんと動くようになったから、未完成であるってことを念頭において使ってね、くらいのイメージ。

 ただし、これが使えるのはiPhone 7 Plusのみである。デュアルカメラを使った機能だからだ。

iPhone 7 Plusのデュアルカメラ機能がポイント
iPhone 7 Plusのデュアルカメラ機能がポイント

 2つのカメラの……微妙な位置の差を利用して被写体との距離をはかり、背景をボケさせてくれる。

 iPhone 7 Plusのカメラって広角と望遠じゃなかったっけ。

 その通り。両方を使うため、ポートレートモード時は望遠側のみになるのだ。でも普通ポートレート(人物写真)はやや望遠気味で撮るもんだし、望遠気味の方が背景がボケたとき不自然じゃないし、そもそも猫をほどよい距離でほどよいスタイルで撮る時ってちょっと望遠の方がいいのである。

 というわけで冒頭は日向ぼっこしてるうちの「かふか」。

 一見、背景がボケてる意味あるのか? と思うような写真だけど、あるのである。

冒頭写真の背景をぼかしてないバージョン(元画像と背景をぼかした画像の2枚を記録してくれるのだ)。窓の汚れと室内の反射が目立ってる。背景が目立っては本末転倒だ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)
冒頭写真の背景をぼかしてないバージョン(元画像と背景をぼかした画像の2枚を記録してくれるのだ)。窓の汚れと室内の反射が目立ってる。背景が目立っては本末転倒だ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 元写真はこちらなのだ(冒頭写真は16:9に切り取っているので、こちらの元写真も合わせてある)。

 見比べると違うでしょ。冒頭に載せた方は、背景の窓がちょっとふんわりとボケてそのおかげで、窓の汚れやまどに写った室内のあれこれが目立ってない。

背景の壁とカーテン、そしてカゴの奥の側がボケてて、カゴの取っ手と猫と私の指はボケてないってのがポイントだ(2016年11月 アップル iPhone 7 Plus)

 今度は比較しやすいように並べてみた。

 背景のカーテンがほわっとボケてて、手前にある籠の取っ手と猫はボケてないといういい感じになってるのがわかるかと思う。

 暗い場所だと画質が落ちちゃうけれども、室内でスマホで撮って背景がボケる! となると家の猫をよく撮る(けどそういう時に限って、よりによって、うちの猫は散らかっている方を背景にしてくれるんだわ、という)人にはたまらん魅力ではないか。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART