このページの本文へ

特別企画@プログラミング+第7回

落合陽一氏×宇川直宏氏のスペシャル・トークバトルも!

11/9・10大阪 学生の映像・デジタル作品アワード「ISCA」+スタ誕 開催

2016年11月01日 17時00分更新

文● 角川アスキー総合研究所

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ISCA 2015でのスター誕生 スカウティング

ミライを担う才能の目撃者となれ!

 ISCA(インターナショナル・スチューデント・クリエイティブ・アワード 2016)の審査・表彰式が、2016年11月9・10日、大阪グランフロント大阪で開催される。4回目をむかえる内外の芸術系、情報メディア系の大学・専門学校の学生を対象にしたアワードで、参加作品に対して、テレビ局や広告代理店、有名プロダクションによる「スター誕生 スカウティング」も見ものだ。

 今年は、国内58校166作品、海外29ヶ国269作品もの応募があり、この中から国内・海外映像コンテンツ部門の受賞作品と、デジタルコンテンツ部門のノミネート作品を上映、展示。過去の受賞者でコマ撮り動画で話題の竹内泰人氏と寿司くん(小山拓也氏)を迎えたトークセッション、筑波大助教でメディアアーチストの落合陽一と現“在”美術家の宇川直宏によるスペシャルトークバトルも開催。アワードの審査・表彰式にとどまらないメディアアートのお祭り的な内容となっているのが特徴だ。

ISCA 2015表彰式風景

 今年は、昨年の「国内映像コンテンツ部門」、「海外映像コンテンツ部門」に加えて、「デジタルコンテンツ部門」を新設。26の受賞作品を発表する。すでに公式サイトには、国内の大学・専門学校のほか、台湾、ハンガリー、キプロス、イラン、スェーデン、フランスの受賞作品リストが紹介されている。

 同アワードの水準の高さは、2015の最優秀賞、優秀賞、「微熱」(南條沙歩/京都市立芸術大学)、「マッキーとユッキーのミッドナイトギャラリー」(うぐいす工房(森山瑠潮)/武蔵野美術大学)を見るとよく分かるだろう。今年も、どんな優れた作品の展示・上映が見られるのか楽しみだ。

 会場のグランフロント大阪・ナレッジキャピタル・は、「感性」と「技術」が融合し、新たな知的価値を創り出すと打ちだした、JR大阪駅から直結するショールームやイベントスペース、オフィス、カフェなどからなる施設。デジタルで年々進化する学生たちの作品を、一望するにはよい機会となるはずだ。

関連動画

【開催概要】
『INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD (ISCA)2016』
期日■2016年11月9日(水)〜11月10日(木)
会場■大阪府 グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル「イベントラボ」
料金■無料
主催■一般社団法人ナレッジキャピタル/株式会社KMO
後援■日本映像学会、総務省、経済産業省、独立行政法人都市再生機構、一般財団法人デジタルコンテンツ協会、一般社団法人デジタルメディア協会、大阪府、大阪市、大阪デジタルコンテンツビジネス創出協会、特定非営利活動法人映像産業振興機構、公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、公益財団法人関⻄・大阪21世紀協会、サイバー関西プロジェクト、香港サイバーポート、Centre des arts、韓国コンテンツ振興院 日本事務所、財団法人台湾デザインセンター、Ars Electronica、香港サイエンステクノロジーパーク
公式ページ: https://kc-i.jp/activity/award/isca/2016/index.php

カテゴリートップへ

この特集の記事

 
ピックアップ