このページの本文へ

STREACOM「BC1」

STREACOMのアルミ製ベンチマーク台「BC1」が発売

2016年10月26日 23時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オランダのメーカーであるSTREACOMから、ベンチマーク台「BC1」が登場。オリオスペックで販売中だ。1枚のアルミ板から削りだしたという本体は、まさに見た目が「まな板」状態。スタイリッシュなデザインに仕上がっている。

STREACOMのアルミ製ベンチマーク台「BC1」。1枚のアルミ板から削りだしたデザインと機能性が特徴

 「BC1」は8mm厚のアルミニウム板をベースに、必要なパーツ類を削りだしたデザインが特徴のベンチマーク台。筐体素材は5052グレードのアルミニウム、本体に収納されているネジ素材はSS304グレードのスチール製を採用する。

 組み立ての際にはそれらを利用する仕組みで、持ち運びや収納の際には1枚の「まな板」状にしておけば楽チンというワケだ。

搭載イメージ。必要なスペーサーやネジ類はすべて本体に収納されている

 主なスペックは対応マザーボードはE-ATX、ATX、Micro ATX、Mini-ITX。搭載可能なベイは2.5/3.5インチシャドウベイ×2で、最大240mmサイズ(重量5kg)の水冷用ラジエーターを装着できる。サイズは370(W)×260(D)×115mm(H)で、重量は約1.82kg。

 価格は1万7800円(税抜)となっている。

今どきの製品らしく水冷用ラジエーターの搭載にも対応。そのままPCとして運用できる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中