このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

コンパクトでも多機能な最新ミラーレス一眼3機種をレビュー ― 第1回

撮影後にピント調整ができる! パナソニック「LUMIX G8」をチェック

2016年10月31日 10時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ユーザーを選ばず、家族みんなが使えそうなデジタル一眼

フルオートモードの「インテリジェントオート」で撮影。まだ紅葉には早いが色のりはかなりよく、彩度が高めなので鮮やか系の被写体には強いだろう。撮影シーンを選んで撮影する「シーンガイド」モードに紅葉がないが、「夕焼けを印象的に撮る」や「青空をさわやかに撮る」あたりを選べばいい感じの発色になるのではないだろうか
フルオートモードの「インテリジェントオート」で撮影。まだ紅葉には早いが色のりはかなりよく、彩度が高めなので鮮やか系の被写体には強いだろう。撮影シーンを選んで撮影する「シーンガイド」モードに紅葉がないが、「夕焼けを印象的に撮る」や「青空をさわやかに撮る」あたりを選べばいい感じの発色になるのではないだろうか
こちらもインテリジェントオートのまま。自動的にマクロモードへ切り替わっている。花びらの明るい部分の淡いグラデーションの再現度は高い。影になっている暗い部分もノイズが少ない。エッジの立ちやすいボケ方だが形は悪くない
こちらもインテリジェントオートのまま。自動的にマクロモードへ切り替わっている。花びらの明るい部分の淡いグラデーションの再現度は高く、影になっている暗い部分もノイズが少ない。エッジの立ちやすいボケ方だが形は悪くない
望遠側でインテリジェントオートで撮影。質感の描写力は高い。シャープネスの利き具合も好みによるだろうが、エッジが立ちすぎず線の細い描写になるのは筆者の好みだ
望遠側でインテリジェントオートで撮影。質感の描写力は高い。シャープネスの利き具合も好みによるだろうが、エッジが立ちすぎず線の細い描写になるのは筆者の好みだ

 防塵防滴仕様でもあるので、屋外での悪天候下での利用も安心だ。撮影者のスキル部分を手助けしてくれる機能が多く、幅広いユーザーが満足できるだろう。

 目的が多少違っても、1台で手軽な撮影から本格的な撮影までカバーできるので、家族全員で使うというシチュエーションも想定できそうだ。

 次回はオリンパス「PEN」シリーズの最新モデル「E-PL8」を紹介する。お手軽撮影に向いているように思えるが、実は機能が充実している1台だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART