このページの本文へ

「Omni Bluetooth Card」でスマホと財布の紛失を防ぐ!

2016年10月22日 17時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あれ、スマホや財布をどこにしまったっけ?
そんなときに便利なカード型ガジェット

 スマホをうっかり置き忘れてしまう、もしくは財布を落としてしまった。そんな経験をしたことがある人は多いかと思う。どちらも重要なライフラインだけに、うっかりなくしてしまったときの衝撃は大きい。そんなときの転ばぬ先の杖として役立ちそうなのがソフトバンクのクラウドファンディングサイト「+Style」でリリースされている「Omni Bluetooth Card」(オムニ ブルートゥースカード)だ。

 クレジットカードやSUICAなどとほぼ同じサイズのBluetoothトラッカーで、財布やバッグなどに入れておくだけというお手軽さだ。面白いのが双方向でトラッキングできるシステムで、例えばスマホを無くしたらカード本体のアラームがなり、逆に財布を持たずに移動したらスマホに通知が来て、どのあたりにあるのかを教えてくれる。これらの機能を使うために必要な専用アプリはiOS版がこちら、Android版がこちらからダウンロードできる。

サイズは一般的なクレジットカードとほぼ同じなので、財布に違和感なく入る。インターフェースもトラッキングボタンのみとわかりやすい
電源のオンオフはないので、常時電源が入って無線が飛んでいる状態。これで電池は1年もつ

 ちなみに電池寿命は約1年で入れ替えができないため、基本的には使い捨て。現在、+Styleでは1枚3780円(税込)で販売しているので電池が切れたら買い替えよう。

 それでは、Omni Bluetooth Cardの使い方を写真で解説しよう。

専用アプリはAndroidとiOSの両方に用意されている。まずはインストールしてペアリングをする。このように複数枚登録できる紛失アラームは消音にしていてもかなり大きな音でなるので、必ずオンに。保管場所設定は複数枚登録するのであれば有効だが、1枚しか使わないのであればどれを選んでもいい
カードが入った財布を紛失した場合にはスマホにメールがきて、最後に確認された場所を教えてくれる職場や自宅のWi-FiをSafezoneに設定しておけば、スマホを持たずに離席したときにアラームが鳴らずにすむ。これはスマホがWi-Fi接続していることが条件
スマホを探したい場合は、このスイッチを押す。Bluetoothの範囲内であればマナーモードでもスマホ側のアラームが鳴る
こちらは逆にカードを探す場合。財布やバッグなどに入れておいても、かなり大きな音量で鳴るので見つかるだろう
薄さはなんと1.4mm。サイトでは世界最薄のBluetoothトラッカーを名乗っている
小型で薄いのでどこにでもしまっておけるうえ、小型ゆえに見つけられない場合はアラームを鳴らせばいいというお手軽さ!

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART