このページの本文へ

LINE、デリバリー事業に本格参入…「出前館」を子会社化

文●通販通信

2016年10月14日 07時09分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image LINE(株)は13日、宅配ポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会(株)(夢の街社)の株式を約40億円で取得し、子会社化すると発表した。

 LINEは夢の街社の発行済株式の20%にあたる222万株を取得し、筆頭株主となる予定。また、株式取得に伴い、両社は提携関係の強化で合意した。

 夢の街社は、2000年に「出前館」のサービスを開始し、現在は加盟店3600店以上、830万人超の会員数を持つ国内最大規模のデリバリーポータルサイトに成長した。LINEと夢の街社は5月23日に業務提携し、夢の街社は戦略的パートナーとしてWEBサービスとLINEアカウントを連携する「Official Web App」に参画している。

 
 今回の提携強化で、LINEはO2O領域やデリバリー領域に本格的に参入する。両社のスマホに特化したサービス構築のノウハウや、ユーザー層を融合し、プッシュ型デリバリー受注サービスなど、より利便性の高いサービスを提供する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く