このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

米国で最も売れたイヤフォンのBluetooth版「Ink’d Wireless」を試す

2016年10月14日 13時00分更新

文● 壽山広子 撮影●円井テトラ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アメリカの人気ブランド“Skullcandy”の新作ワイヤレスイヤフォン「Ink’d Wireless」を自宅パソコンやウォークマンのBluetooth接続で楽しませていただいた。Ink’dシリーズはSkullcandy社の商品のなかでも人気のシリーズだったが、Ink’d Wirelessは待望のワイヤレスイヤフォンだ。

Ink’d Wireless

 同社のBluetooth対応のイヤフォンを試したのは「Women’s XT Free」以来、2製品目だ。早速レビューしていく。

7000円以下のレンジの手ごろな価格、装着感にも優れたネックバンド型

 Ink’d Wirelessの見た目はとてもシンプルでネックバンド(首にかける部分)のフラットなデザインとカナルタイプのイヤーピースが特徴だ。少しスポーティーな印象があるものの男女ともにに使いやすい見た目だと思う。使ってみた第一印象としてはやや低音が強めかと感じたが、何曲か聞いてみると高音までバランス良くクリアに聞こえることと、付け心地が軽く長時間使用していても疲れない。とても気に入った。

同梱物は説明書とイヤーピース1種(計2種)、Micro-USBケーブルだ。

 操作はネックバンドの左側リモコン部分にあるボタンを使用する。「+」「-」「スカルマーク」の3つのボタンを使い、操作通りの形をしているので非常にわかりやすい。

ボタンなどは大きめわかりやすい操作体系

 ペアリング登録、Bluetooth接続時にはスカルマークを押し、+-ボタンは音量調整に使う。また、+-ボタンの長押しすると曲の早送りと巻き戻しができる。マイクも付いているので、使用中に着信があった際はスカルマークのボタンを押せばそのまま通話することも可能だ。

 ボタン部分の先にある箇所にはMicro-USB端子があり、そこから充電する。充電中やBluetoothオンオフ時はボタン部分が光るので視覚的にもわかりやすい。イヤーピース部分にもロゴマークと同じスカル模様があり、さりげない所もきちんとデザインされていると感じる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART