このページの本文へ

AKRACINGの日本に1台しかないという特別なシートも設置

美人レーサーも登場! LEVEL∞主催「Forza Horizon 3」の大会が開催

2016年10月05日 17時08分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Forza Horizon 3」で最速をかけたトーナメント「Forza Horizon 3 で最速を目指す究極 PC ~Powered by LEVEL∞~」が開催

 ユニットコムは10月1日に、秋葉原ラジオ会館でマイクロソフトのオープンワールドアクションレーシングゲーム「Forza Horizon 3」で最速をかけたトーナメント「Forza Horizon 3 で最速を目指す究極 PC ~Powered by LEVEL∞~」を開催した。

 9月29日に発売されたばかりの「Forza Horizon 3」でトップを争うトーナメントで、12時から予選が開始され、ベスト8を目指して熱い戦いが繰り広げられた。

 会場には、LEVEL∞のゲーミングパソコンでForza Horizon 3をプレーできるフリー試遊台も用意し、大会に参加しない人でもを楽しめた。また、VRヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」が体験できるコーナーも設置されていた。

フリープレー可能な試遊台も用意
湾曲ディスプレーでのプレーも
HTC Viveが体験できるコーナーもあった

 16時からは、いよいよ決勝トーナメントを実施。ニコニコ生放送の配信もあり、決勝に勝ち残った8人のプレーヤーが頂点を目指して速さを競い合った。決勝トーナメントでは、MCとしてコジマ店員さんと声優の榎本 温子さんが登場。榎本さんは進行を、コジマ店員さんは実況を担当していた。

決勝トーナメントでは、MCとしてコジマ店員さんと声優の榎本 温子さんが登場

 さらに途中から、レースゲームのトッププレーヤーのねぎさんも登場し、コジマ店員さんとねぎさんがForza Horizon 3に挑戦。ロジクールのステアリングコントローラー「G29 DRIVING FORCE」を使って、AKRACINGが作った日本に1台しかないという特別なシートでプレーし、2人とも「すごくリアル」と感動していた。ねぎさんは、Forza Horizon 3は初プレーだったもののテストプレー1回のみでコツをつかみ、2回目では見事1位になるなど見事なドライビングテクニックをみせた。

コジマ店員さんがプレー。「今回特に空がめちゃくちゃきれいなんですよねー」とForza Horizon 3のグラフィッククオリティーの高さをアピール
レースゲームのトッププレーヤーのねぎさんが登場
ロジクールのステアリングコントローラー「G29 DRIVING FORCE」と、AKRACINGが作った日本に1台しかないという特別なシートでプレー
リアルなドライビング体験が可能なG29 DRIVING FORCE

 トーナメントの途中には、エヌビディア ジャパンの高橋 一則氏、谷口 純也氏、アンバサダーの森田 健介氏が登場し、PascalアーキテクチャーやGeForce GTX 1080について解説した。さらに森田氏は自身が作成した、R35にショートボディーのGeForce GTX 1070を搭載するMOD PCも紹介。トーナメント終盤では、特別ゲストとしてレーサーやモデルとして活躍している神子島 みかさんが登場し、Forza Horizon 3に挑戦した。

エヌビディア ジャパン アンバサダーの森田 健介氏が登場し、自身が作ったMod PCを紹介
R35にショートボディーのGeForce GTX 1070を搭載
谷口氏もForza Horizon 3に挑戦
レーサーやモデルとして活躍している神子島 みかさんも登場
神子島さんもForza Horizon 3をプレー

 結果は、ねぎさんとも親交があるというやまどぅーさんが優勝し、準優勝はあおやぎさん、3位はKazeさん。優勝したやまどぅーさんには、ELSAのGeForce GTX 1070が、準優勝のあおやぎさんにはAKRACINGのゲーミングチェア「NITRO」が、3位のKazeさんにはG29 DRIVING FORCEがプレゼントされた。

やまどぅーさんが優勝
大盛況のイベントだった

 Forza Horizon 3は、オーストラリアが舞台で大自然の中を自由に走り回ることができる。車種は前作より150種増え350種類になったほか、キャンペーンモードも100時間近くプレー可能だ。雄大な自然を縦横無尽に走り回りたいという人は、ぜひプレーしてみてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ