このページの本文へ

CEATEC JAPAN 2016 ネクストテクノロジー ― 第6回

入って4秒でヴァーチャル化 VRCの人体用高速3Dスキャナーシステム

2016年10月04日 22時00分更新

文● ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 このシステムに入って、4秒ストップすると……。

 ご覧のように全身ヴァーチャル画像の出来上がり。

 こちらはCEATEC JAPAN 2016のベンチャー・ユニバーシティエリアに展示されていた、東京八王子のベンチャー企業VRCが開発、販売する人体用高速3Dスキャナーシステム『SHUN'X』だ。赤外線センサーと8台の一眼レフカメラで構成された、高さ約2.3メートル、面積6平方メートルの撮影装置だ。撮影時間はわずか4秒、3Dモデリングも3分以内で終了する。全身の3Dデータを作成し、さまざまなサービスへ利用が可能だ。

 全身のスキャンデータのほかに寸法の数値も測れるため、アパレル業界やフィットネス業界などで利用が想定されており、すでにウェディングドレスのフィッティングサービスで利用された実績を持っている。想定価格は600万円、連携するアプリケーション、サービスの提供なども行なっていく。イベントなどに合わせて、レンタルのリース契約にも対応する。2016年11月にウェブサイトをオープン予定で、導入に向けた発信をしていくとしている。

■関連サイト
VRC

カテゴリートップへ


この特集の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ