このページの本文へ

20周年記念モデルの「SZ6」は黄金に輝く!?

パナソニックがSIMフリー版「レッツノート SZ6」など2016年秋冬モデルを発表

2016年10月04日 13時30分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは、同社のノートPC「レッツノート」の2016年秋冬モデルを発表しました。一部を除き、各シリーズの店頭モデルと直販モデルともに10月14日発売予定。直販モデルは本日より予約受け付け開始となります。

第7世代Coreプロセッサー&SIMフリー!
黄金に輝く20周年記念モデルも登場する「SZ6」

「CF-SZ6」

 12.1型液晶を搭載した「CF-SZ6」は、最新の第7世代Coreプロセッサー(コードネーム:Kaby Lake)を採用。Core i7-7500U(2.7GHz、最大3.5GHz、2コア/4スレッド)もしくは、Core i5-7200U(2.5GHz、最大3.1GHz、2コア/4スレッド)から選択可能。予想実売価格は店頭モデルで22万〜28万円(税抜)です。

 DVDスーパーマルチドライブなしのモデル(店頭購入であれば、Core i5、256GB SSDの「CF-SZ6EDYPR」)も用意されており、重量はドライブありのモデルと比べて約80グラム軽い約849グラムとなります。

 また、従来通り3G/LTE通信可能なモデルも用意されていますが、SZ6は新モジュールを搭載し、国内専用としながらも、SIMフリー仕様となっています。対応するLTEバンドは、Band 1/3/8/18/19/21/28/41の8種類。最大通信速度は下り300Mbps、上り50Mbpsと、キャリアアグリゲーション(CA)にも対応しています。なお、SIMカードのサイズは「microSIM」となります。

20周年記念モデルのSZ6

 さらに、パナソニックストアで200台限定の販売(11月11日から)となる「レッツノート発売20周年記念最上位モデル」も登場。価格は44万9280円(税込)とお高めですが、値段相応な特別仕様となっています。

 スペックは、CPUはCore i7-7500U、メモリーは16GB、ストレージは1TB SSD×2、Blu-rayドライブ搭載、LTE対応、そしてL・S両サイズのバッテリーが付属しているほかでは注文できない構成です。

天板はもちろんゴム足など細部までゴールド
200台それぞれにシリアル番号がつくオプションの七宝柄の天板を付けた様子

 筐体には限定色であるゴールド塗装を採用。ネジやゴム足まで今回のモデルのためにすべて金色。さらに、七宝柄の天板(限定50枚、1万5000円税抜)もオプションで選択できます。

「RZ6」「LX6」もKaby Lakeを採用!

「CF-RZ6」

 10.1型液晶を搭載し、最軽量モデルが約745グラムの「CF-RZ6」と14型ノートPC「CF-LX6」もRZ6と同じく第7世代Coreプロセッサーを搭載。

 RZ6は、Core m3-7Y30(1GHz、最大2.6GHz、2コア/4スレッド)もしくはCore i5-7Y54(1.2GHz、最大3.2GHz、2コア/4スレッド)を搭載し、予想実売価格は店頭モデルで20万5000円〜27万5000円(税抜)。

 LX6は、店頭モデルがCore i5-7200U(2.5GHz、最大3.1GHz、2コア/4スレッド)のみ、直販モデルでは加えて、Core i7-7500Uを選択可能。予想実売価格は店頭モデルで20万5000円〜27万円(税抜)です。

 なお、RZ6に関してはSZ6と同等なLTEモジュールを搭載。ただし、対応するSIMカードサイズは「標準(ミニ)SIM」となります。

「MX5」はブラックモデルに一本化
直販では前モデルを対象に3年特別サービスが付与可能に

「CF-MX5」

 そのほか、光学ドライブ搭載2in1 PC「CF-MX5」はとくにCPUなどのアップデートもなかったものの、カラーバリエーションがブラックに一本化されました(予想実売価格は、店頭モデルで22万5000円〜32万円、税抜)。

 また、従来は直販サイトで各シリーズのプレミアムエディション選択時にしか選べなかった「3年特別保証プレミアムサービス」が、通常エディションでも選択可能に。天板交換や盗難時の保証、データ復旧サービスまで含んでおり、より安心してレッツノートを利用できるようになります。

カテゴリートップへ