このページの本文へ

セブン&アイが業績予測を下方修正、通販事業は105億円の赤字

文●通販通信

2016年10月03日 03時11分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)セブン&アイ・ホールディングスは9月30日、2017年2月期の連結業績予測を下方修正した。スーパーストア事業と百貨店事業の店舗に関する減損損失などを計上した。

 期末の業績予測は、売上高は前回予測から6%減の6兆457億400万円、営業利益は同6.9%減の3523億2000万円、純利益は同53.5%減の1609億3000万円となった。

 減損損失は、店舗閉鎖や売上の減少に伴い、イトーヨーカ堂の店舗に関する減損損失150億円、そごう・西武の店舗に関する減損損失122億円を計上。また、そごう・西武の事業計画を見直し、同社に係るのれんの減損損失334億円を17年2月期第2四半期決算に計上する。

 通信販売事業は、売上高が前期比19%減の1290億円、105億円の営業損失(前年は84億5100万円)と予測した。(株)ニッセンホールディングスは16年12月期決算で102億円の営業損失を見込んでいた。ニッセンHDは、11月1日に(株)セブン&アイ・ネットメディアの完全子会社となる予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く