このページの本文へ

上海問屋「Android 5.1搭載 HDMIメディアプレーヤー」

Android 5.1搭載のHDMIメディアプレーヤーが上海問屋で販売中

2016年09月28日 23時37分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、SDカードやUSBメモリーに保存した動画、画像、音楽などを、PCを使わずにTVで再生できるHDMIメディアプレーヤー「Android 5.1搭載 HDMIメディアプレーヤー」(型番:DN-914017)が発売された。ドスパラ秋葉原本店2階で販売中だ。

PCを使わずにTVで再生できるHDMIメディアプレーヤー「Android 5.1搭載 HDMIメディアプレーヤー」

 この製品は、Android OS 5.1を搭載するHDMIメディアプレーヤーの新モデル。本体には、microSDカード用スロットが1つ、USB(2.0)ポートを2つ搭載。最大で3つのフラッシュメディアから、動画や画像、音楽を再生できる。

 AndroidアプリやWebブラウザーも使用できるので、TV画面で音楽アプリの利用やネット検索も可能。付属の専用リモコンにはマウス機能がついているので、ネットでの操作も問題なし。もちろん、USBポートにマウスを接続することもできる。

microSD/SDHC(32GBまで)が利用可能/microSDHCカード(容量32GBまで)。USBポートにはマウスや外部ストレージが接続できる

 解像度は1920×1080フルHDに対応。音声出力はSPDIF(光デジタル)出力を備えており、光デジタル入力に対応したD/Aコンバーターを使えば、より高音質なサウンドを楽しむことも。

 そのほか、CPUはAmlogic S905 quad core ARM Cortex-A53、GPUはQuad core Mali-450MP、メモリーはDDR3 1GB、内蔵ストレージは8GB。サイズ120(W)×125(D)×20(H)mm、重量176g。リモコン、ACアダプター、HDMIケーブルが付属する。

 価格は7407円(税抜)だ。

専用リモコンにはマウス機能がついているので、ネットでの操作もできる

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ