このページの本文へ

日本語・英語・中国語の3ヵ国語対応

東京駅に対話型ロボット! 外国人向けに駅構内・観光案内

2016年09月27日 12時05分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JR東日本と日立製作所は9月26日、対話型のヒューマノイドロボットを活用した訪日外国人との質問応答の実証実験を共同で実施すると発表した。

 東京駅丸の内北口の「JR EAST Travel Service Centerr(東京訪日旅行センター)」内にロボットとディスプレーを設置。ロボットは対話するユーザーに合わせて、日本語・英語・中国語で質問応答する。対応する質問内容は、列車の案内や東京駅構内の周辺施設、周辺の観光名所など。

活用シーンの例

 実施期間は、10月3日から10月28日まで。時間は10時から17時。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ