このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第12回

防衛レーザーを配置し、臨機応変に脅威を撃破せよ!

迫る脅威から惑星を守れ! VRディフェンスゲーム『PlanetFate』レビュー

2016年09月26日 15時57分更新

文● poroLogue/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、HTC Vive向けのVRディフェンスゲーム『PlanetFate』をレビュー。本作は、広大な宇宙空間の中で、迫り来る隕石や敵から惑星を守るゲームとなっている。現在はアーリーアクセス版、対応言語は英語のみとなっているが、複雑な操作は存在せず気軽に楽しめる作品となっている。

防衛レーザーを配置して、隕石や敵を迎撃!

 このゲームの基本的なシステムは、両手に持ったHTC Viveコントローラーを使用し、防衛用のレーザーなどを設置、そして迫りくる脅威から自分の惑星を守るというもの。一定時間のあいだ惑星を守り抜くモードや、時間無制限で守るモードなどが存在する。

 防衛用のレーザーは上限数が決まっており、限られたリソースの中で、数々の脅威に対処しなければならない。脅威には惑星に向かってくる隕石のほか、エイリアンが操縦する宇宙船のようなものまで存在する。

レーザーを駆使して惑星を守り抜こう

 防衛レーザーはコントローラーを使用し、掴んで動かすことができる。レーザーを掴むと射線が表示されるので、それを隕石やエイリアンに合わせると攻撃を自動で開始してくれる。ある程度攻撃を続けると、対象を破壊することができる。レーザーは2種類存在し、一定の間隔で弾を発射するものと、ビームを発射し続けるものがある。

迫りくる数々の脅威を破壊せよ!

 ポイントとしては、迫る脅威によって臨機応変に対応することだ。隕石の場合は移動方向が一定のため、一度射線を合わせて配置したら、破壊するまでは放置しても良い場合が多い。配置後、すぐにほかの脅威が迫ってないかの確認をするなどして、時間を節約しよう。

 一方で、エイリアンの場合、動きが不規則で素早いという特徴がある。そのためレーザーを配置しただけでは破壊が難しく、コントローラーでレーザーを持ち続け、常にエイリアンを追うように操作するのが重要だ。使用するレーザーも、ビームを発射し続けるタイプを使用しないと当てることは難しい。

相手に応じて臨機応変に対処だ

さまざまな追加モードも

 また、本作では惑星を守り抜くモードのほかに、航行する宇宙船を守るモードも存在。こちらはコントローラーで宇宙船の攻撃・防御などのパラメーターや、砲台などを操作することができる。筆者がプレイした際にはやや難しいモードという印象を受けたため、まずは通常の惑星を守るモードから遊ぶことをおすすめしたい。

 本作は、9月26日時点では英語版のみ存在しているが、操作は複雑ではないため手軽にプレイすることができる。防衛系のディフェンスゲームが好きな方は、ぜひ遊んでみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!