このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Photokina2016で見る2016年秋冬デジカメ ― 第1回

秋冬新製品はミラーレスが主役!? Photokinaで見たレンズ交換式デジカメ

2016年09月26日 10時00分更新

文● 中山 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Photokina2016」の会場
「Photokina2016」の会場

 ドイツのケルンで現地時間9月20日から開催された「Photokina2016」。会場には世界各国からカメラメーカーや周辺機器メーカーが集まり、最新モデルを展示していた。

 本特集では、そんなPhotokina2016の展示についてを総括的に紹介しつつ、この秋冬に登場するであろう注目のデジカメを紹介していく。まずは、レンズ交換式について、メーカー別に新製品を見ていこう。

4K/60pに6Kフォトにも対応した「GH5」を発表したパナソニック

放送レベルの動画撮影が可能な「LUMIX GH5」
放送レベルの動画撮影が可能な「LUMIX GH5」

 パナソニックはプレスカンファレンスにて、同社のフラッグシップモデル「GHシリーズ」の最新モデル「LUMIX GH5」の開発発表を行なった。

連射機能も4Kフォトで60連写に機能アップ 本体上面
連射機能も4Kフォトで60連写に機能アップ本体上面

 GHシリーズは動画撮影にも注力したシリーズで、GH5では4K 60p 10bit記録に対応している。そのほか詳細なスペックは非公開だが、6Kフォトに対応しているので1800万画素以上ということになりそうだ。

 ブースでは開発モデルということで、触れる状態ではなくケース越しの展示となっていた。

ライカブランドの新レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT F2.8-4.0」の3本 ライカブランドの新レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT F2.8-4.0」の3本

 また、写真だけでなく動画との両立も目指したライカブランドの新レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT F2.8-4.0」も発表。

 12-60mmの標準ズーム、8-18mmの広角ズーム、50-200mmの望遠ズームの合計3本で価格は未定ながら、2017年に順次発売される予定とのこと。

防滴・防塵でタフネス仕様の「LUMIX DMC-G8」
防滴・防塵でタフネス仕様の「LUMIX DMC-G8」
正面右からのアングル 背面のディスプレーは回転2軸式
正面右からのアングル背面のディスプレーは回転2軸式
モードダイヤル周辺のデザイン モードダイヤル周辺のデザイン

 さらに、日本では10月21日に発売予定の「LUMIX DMC-G8」(海外では DMC-G80/81)の実機を展示。ミドルクラスのモデルだが、防滴・防塵構造になっているので、ハードな撮影環境でも利用可能だ。

 手ブレ補正は「Dual I.S.2」に進化し、5軸のボディー内手ブレ補正と2軸のレンズ内手ブレ補正を組み合わせだけでなく、高精度のジャイロセンサーと新しいアルゴリズムを採用。より的確にブレ補正がなされるよう強化されている。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART