このページの本文へ

無線LANコントローラーや見える化機能を備えるフラグシップ機

ヤマハ、IEEE802.11ac Wave2対応のWLX402投入

2016年09月20日 16時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月20日、ヤマハはIEEE802.11ac Wave2対応の無線LANアクセスポイント「WLX402」を発表した。

無線LANアクセスポイント「WLX402」

 WLX402は、同社のフラグシップとなるエンタープライズ向け無線LAN AP。5GHz帯と2.4GHz帯を同時利用可能で、2.4GHz帯、5GHz帯それぞれで50台、合計100台の端末を接続できる。LANインターフェースを2ポート用意し、リンクアグリゲーションで束ねることでLANの通信でも無線LANの最大速度で有効に通信することが可能になるという。

 また、無線の電波を有効活用するために反射板を標準添付。反射板をWLX402の本体に取り付けることで、送信時はアンテナが裏面に放射した電波を前側へ反射させ、本体後ろ側への電波を有効に前側へ放射する。外部アンテナにも対応し、2.4GHz/5GHz帯2バンド対応の指向性アンテナと無指向性アンテナが利用可能になっている。

 WLX402は無線LANコントローラー機能を搭載し、コントローラーとして設定したWLX402から最大49台のAPを設定・管理できる。WLX402だけでなく、WLX302やWLX202を同じグループとして設定・管理することが可能。複数のWLX402が稼働している環境環境では、端末を接続する際に最適なAPを選択できるように、AP間で自動調整する機能を搭載しており、つねに安定した通信が可能になるという。

 さらに、WLX302に搭載されていた無線LANの「見える化」機能や接続端末を見える化する「RTX1210」「NVR700W」「NVR510」のLANマップにも対応。RADIUS認証サーバー、証明書発行を含む認証局を搭載し、高度なセキュリティ(EAP-TLS認証)を実現する。

 希望小売価格は税抜9万9800円で、発売は2016年の11月。WLX402用の電源アダプター「YPS-12V3A」もあわせて発売される。

カテゴリートップへ

ピックアップ