このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第397回

ハイカットスニーカーを履きやすく、脱ぎやすくする「ズービッツ」を衝動買い!

2016年09月21日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

履きやすく、脱ぎやすい絶妙なバランス

両足が仕上がったら、何はおいてもまず両方の足で履いてみよう 両足が仕上がったら、何はおいてもまず両方の足で履いてみよう

 ここまでくれば、設定はほぼ終了だ。両足で調整済みのスニーカーを履いて家の中や近所をしばらく歩き回ってみよう。

足の形状は全員が異なるので、各位置のヒモの強弱でバランスをとってみる 部屋の中や、できたら屋外を数分以上歩いて、ズービット周囲のヒモのテンションを調整する
足の形状は全員が異なるので、各位置のヒモの強弱でバランスをとってみる部屋の中や、できたら屋外を数分以上歩いて、ズービット周囲のヒモのテンションを調整する

 こと履物に関しては、自宅の中を歩いている時と、近所を歩いている時、数キロ離れた場所まで歩いて行く時では、その履き心地感覚は確実に違うので、この後、何度かのヒモのタイトさ加減を調整して完成するだろう。

 最終的に筆者の場合、スニーカーの最上段の穴を捨てたのは正解だった。ヘビーなランニングをするわけでもなく、玄関先での履く時のスピードアップと、横断信号が赤になる少し手前で走って渡れればいいだけなので、スニーカーが脱げてしまって困るということさえなければ、履きやすく、脱ぎやすければ満足なのだ。

 実際に歩行者信号の青色が点滅した時に走って渡ってみたが、ズービッツのマグネットはその程度ではビクともしなかった。

強力なマグネットだが、脱ぐ時は片方の足でもう片方の踵部分を押さえ、脱ぎたい方の足の踵をグッと引き上げる。同じ要領でもう片一方も行なう 強力なマグネットだが、脱ぐ時は片方の足でもう片方の踵部分を押さえ、脱ぎたい方の足の踵をグッと引き上げる。同じ要領でもう片一方も行なう

 ちなみに、ズービットはスニーカーを脱ぐ時は、片方の足でもう片方の踵部分を押さえ、脱ぎたい方の足の踵をグッと引き上げれば、手も使わず簡単に脱ぐことができる。

 またレディが品良くお行儀よく脱ぎたければ、屈んで左右の指先で一方のスニーカーのズービッツの左右のピースを摘んで捻じれば簡単に分離させることができる。

 引っ張る力なら6kgにも耐えるズービッツMサイズだが、捻る力には極めて従順に従う性格なのだ。

邪道かもしれないが面白い製品

 ズービッツは、個性的な結び目やさまざまなスニーカーのヒモにこだわりのある人には敬遠されるかも知れないが、合理的で無駄のないライフスタイルの人には向いた商品かもしれない。

 ただ、本来のシンプルなスニーカーに使うべき便利アイテムであり、筆者のようにハイカットスニーカーに流用するのは邪道なのかもしれない。邪道はその分、工夫が必要なので、それはそれで面白いと感じられる人ならグッドな商品だ。

T教授

今回の衝動買い

アイテム:ズービッツ(Mサイズ、グレー)

価格:直販サイトにて4104円(送料別)で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART