このページの本文へ

東京ゲームショウ2016レポート ― 第17回

カワイイアイドルとVR空間ですれ違い!

RADEON PRO DUO搭載の40万越え超高性能PC&HTC Viveのヌルヌル体験がヤバい!

2016年09月16日 23時45分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HTCブースにあるAMDコーナーでは、カワイイ3人のアイドルのライブが楽しめる!

 東京ゲームショウのHTCブースでは、各メーカーが協賛しているVRコンテンツが複数楽しめて盛り上がっていた。AMDのコーナーでは、講談社が「500年愛されるアイドル」を誕生させるというビジョンのもと、ポリゴン・ピクチュアズと映像企画・制作を行なう「Hop Step Sing!」の第1弾コンテンツ「キセキ的Shining!」が体験できた。

 本作の体験はクリエイティブ向けのビデオカード「RADEON PRO DUO」を搭載するTSUKUMOの「RA7J-Z81ZT/RP1」で行なわれていた。CPUはインテルCore i7-6700K、16GB DDR4メモリーを備え、43万1784円という超高性能マシンだ。

TUKUMOのRA7J-Z81ZT/RP1

 キセキ的Shining!はVRのステージを3人のアイドル歌って・踊るコンテンツ。VRコントローラーはコンサートライトになり、リズムに合わせて振って、ライブを楽しめる。

VRコントローラーのトリガーを引くと、ライトの色や数が変わる

 RADEON PRO DUOはAMDのVR対応SDK「LiquidVR」に対応し、Fujiコアを2基搭載したデュアルGPU。描画性能は圧倒的で、アイドルの動きはヌルヌル動き、コンサートライトを激しく振っても、遅延は一切なく、快適にライブを視聴できた。

 ふわりと揺れるスカートの表現も滑らか。コンテンツ事態も床にアイドルたちの影やライトが映り込まれるなど、細部までつくり込まれている。多くのVRアイドル映像は、コンサート会場の席といったお客様視点だが、本コンテンツではアイドルたちと同じステージ上と、より近い位置で楽しめる。

 HTC ViveではVR空間を移動できるので、お気に入りのアイドルの子に近付き、至近距離ですれ違うなど、非日常の体験を味わえる。既出だが、Steamでの配信が予定されているので、気になる人は今からVR環境を揃えてみては?

カテゴリートップへ

この特集の記事

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!