このページの本文へ

東京ゲームショウ2016レポート ― 第14回

とうらぶに一血卍傑、文豪とアルケミストも、TGSのDMMブースは乙女の園

2016年09月16日 22時38分更新

文● オオタ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

乙女ゲー率が高いDMMゲームズ

 いよいよ明日から一般日がスタートする「東京ゲームショウ2016」。我々の読者では艦これでおなじみのDMMゲームズだが、今回はおおむね女性向けタイトルがメインに展示。「この秋女性にオススメのタイトルをご紹介」と題したGIRLS STYLE特別編集の小冊子を配布中だ。

美人コンパニオンさんがDMMゲームズの女性向けタイトルをまとめた小冊子を配布中!

 ブースの両端は、8月からサービスが開始されたブラウザーゲーム「一血卍傑」と、11月からサービス開始を予定しているブラウザーゲーム「文豪とアルケミスト」のコーナーを構えている。完全に女性向けな布陣なのだが、一応ブース側面には「エルダースクロールオンライン」の体験スペースも用意されている。

11月からサービス開始予定の「文豪とアルケミスト」のクリアファイルも配布中
ブース左手には「一血卍傑」のコーナー。ゲームはシミュレーションゲームで、女性キャラクターも登場する
ブース右手には「文豪とアルケミスト」の世界観を再現したコーナー
ブース裏手には「刀剣乱舞」のVRコーナーが。人気キャラの三日月宗近が立体になって喋ってくれる

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ