このページの本文へ

550億ドル規模のコピー機セグメントの破壊を加速

米HP、サムスン電子のプリンター事業を10.5億ドルで買収

2016年09月13日 19時43分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米HPは9月13日、サムスン電子のプリンター事業を、取引額10.5億ドルで買収する最終的合意に達したことを発表した。

 550億ドル規模のコピー機業界では、ここ数10年間イノベーションは無かったが、今回の買収によって米HPは、このセグメントで破壊と改革を行なう上で有利な立場を獲得するとしている。

 買収完了後は、サムスンは米HPに公開市場での買い付けを通じて、1億~3億ドルの株式投資を行なうことに同意している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ