このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道第52回

2mmの極細ペン先でスラスラ書ける

iPad Pro対応のスタイラスペン「PSA-TPA2PRO」を試す

2016年09月23日 14時30分更新

文● 花茂未来 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPad Pro対応のアクティブスタイラスペン「PSA-TPA2PROシリーズ」

細いペン先のスタイラスが欲しいヒト集まれ!

 以前レビューしたアクティブスタイラスペンのPSA-TPA2シリーズに、iPad Pro対応の新製品「PSA-TPA2PROシリーズ」が登場した。

 アクティブスタイラスペンとは、ペン本体に静電気を発生させる装置が付いたスタイラス(タッチパネル式画面向けの筆記用具)のこと。従来のペン先が太いスタイラスは、基本的に端末操作を行なうもので、絵や文字を書くのには不向き。かといってペン先を細くしただけでは、タッチセンサーが作動しない。

 というのも、スマートフォンやタブレットのタッチセンサーで広く用いられているのは静電容量方式と呼ばれるもので、液晶画面と指やペン先の接点に溜まる電気量を検知する仕組み。しかし、必要な電気量を得るには接触面積が必要でペン先を細くするには限界がある。

 そこで登場したのが、ペン先が細くても、ペン本体で静電気を発生させることのできるアクティブスタイラスペンだ。

 今回はこのPSA-TPA2PROシリーズをiPad Proでじっくり試していきたい。

ペン先調整幅が4mmにアップ

 ではさっそく製品をチェックしていく。本体はつや消しのアルミニウム製。カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色で、iPhoneやiPadのシルバー、ゴールド、スペースグレイ、そしてiphone 7で新登場のブラックなどと色を合わせられる。電池は単4電池1本で、本体上部のキャップを回転して外して出し入れするあたりは従来同様。また前述の通り、ペン先の直径は2mmと細い。

「PSA-TPA2PROシリーズ」。直販価格は6458円。アップル製品の質感に近い外観。最近追加されたローズゴールドに合わせられるピンク色の登場にも期待したい

 PSA-TPA2シリーズから変わったところは、まずペン先の調整幅が1mm増えて4mmになったこと。そして、ペンの頭に取り付けるキャップが、ノーマルキャップとクリップ付きの2種類付属し、用途に応じて選べるようになったことだ。

ペン先の調整幅が4mmに。先端部のツヤがあるシルバーの部品を回すと調整できる

2種類のキャップが便利

 クリップ付きのキャップは胸ポケットやカバンでの持ち運び、あるいは社員証やタブレットホルダーの首掛けストラップに引っかけておくのに使える。また、意外と便利だったのがノーマルキャップで、フラットな形状を活かし、机の上に立てておける。

 従来のPSA-TPA2シリーズは、キャップにストラップホールが付いているため、立てることはできないし、かといって適当に置くと、コロコロと転がっていってしまう。フラットな形状は地味だが利便性向上にひと役かっている

クリップ付きキャップへの交換も可能。電池はこのキャップを外して入れる
スマートに立てておける

 さて、動作方法についてだが、本体側面にある電源ボタンを押すとすぐに利用できる。3分以上操作しないと、自動的に電源がオフになるオートスリープ機能もあるので、電池の無駄な消耗を抑えてくれる。

 本体サイズは、ノーマルキャップ装着時で長さ135~138mm、直径は12mm。電池を含む本体の重さは27g。1年間の保証付き。対応機種は12.9インチiPad Proほか、静電容量式のタッチパネルを搭載したスマートフォンやタブレットなど。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン