このページの本文へ

高級感あふれる外観に上位クラスの性能を持つノートPC「LIFEBOOK WA3/Z」

2016年09月09日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大きめの液晶画面を持ち、スペックの高いCPUを搭載しているノートPCは、価格もそれ相応となってしまうため、購入検討時に二の足を踏んでしまうことも多いのではないだろうか。性能はコストに比例するため、最終的にCPUのスペックを下げたり、メモリーやストレージ容量を少なくして、どこかで妥協する経験もあるだろう。ところが今回紹介する富士通のノートPC「LIFEBOOK WA3/Z」は、ハイスペックな第6世代CPUと15.6型のタッチ対応ディスプレーを搭載していながら、割引クーポンを使用すると16万円台で購入できる、実にコストパフォーマンスに優れたマシンなのだ。

 さらに標準装備としてハイレゾ対応スピーカーやBlu-rayディスクドライブも積んでおり、購入した構成のまま何かを追加することなく使える仕様になっている。今回はこの「LIFEBOOK WA3/Z」について、仕様や外観について紹介する。

「LIFEBOOK WA3/Z」の外観。15.6型ディスプレー搭載のため横幅もあり、キーボードもテンキーを含めたフルキーボードとなっている

 CPUにはSkylakeベースの第6世代CPUであるインテル Core i7-6700HQ(2.60GHz、4コア/8スレッド)を搭載。GPUはCPUに内蔵されているIntel HD Graphics 530となる。メモリーはDDR4 SDRAMを標準で8GBで、最大16GBまで増設できる。

 外形は幅378mm×奥行き256mm×高さ25.7~27.4mmでほぼB4サイズ。ディスプレーには15.6型のタッチパネル式を採用している。高輝度・高純度の広視野角となっていて、左右から角度をつけても画面を見ることができる。またONKYO製のハイレゾスピーカーを搭載しているので、高音質のサウンドを楽しむこともできる。

ONKYOが開発した振動板「ODMD」を採用したハイレゾスピーカーを搭載。キーボード最上部の左右に配置されている

 天板部分はシャイニーブラックの場合、黒御影をイメージさせる表面となっていて、非常に高級感がある。写真ではわかりにくいかも知れないが、キラキラ光る素材が散りばめられている。黒いため、指紋や油汚れが目立ちやすいのが少々難点か。

高級感のある天板

 本体重量はバッテリーを含めて2.5kgほどあり、外で長い間持ち歩くには少々厳しい重さ。しかし付属してくるACアダプターが思いのほか軽いので、全体としてはカバンなどを工夫すれば大丈夫だろう。

 厚みはもっとも薄い部分で25.7mmで、厚いという印象は受けない。底面にかけてアールがついているので、非常に手になじんで持ちやすい。

キーボード手前側から見た本機。持ちやすいようにアールがついているのがわかるだろうか

 外部出力は、USB 3.0ポートが3基、USB 2.0ポートが1基あり、周辺機器の接続も支障はない。さらに、HDMI出力端子が用意されているので、大きなディスプレーに接続するのも容易だ。SDカードリーダーも標準装備であるほか、1000BASE-TのLAN端子がついているのもうれしいところ。出張先などで有線しかないという環境でもこれで対応できる。

マシン右側面にはSDカードリーダー、USB 2.0ポート1基、Blu-rayディスクドライブ、電源端子が配置されている
Blu-rayディスクドライブ
マシン左側面にはLANポート、HDMI端子、USB 3.0ポート3基、ヘッドホン端子を配置
USBポートはギリギリまで寄っている感じなので、飾りのついたようなUSBは隣とぶつかってしまうので注意が必要だ

 ネットの接続は無線LANとしてIEEE 802.11a/b/g/n/acが搭載されており、ブラウジングなどの速度は特に遅いという印象はない。ストレージは500GBのHDDが標準搭載されているが、今回のロードテストでは256GBのSSDを搭載したマシンで行なった。オプションとしてはこの256GB SSDのほか、1TB HDD、512GB SSDを選ぶこともできるが、もちろん追加料金となる。

 「LIFEBOOK WA3/Z」の基本構成は次の通りだ。

LIFEBOOK WA3/Zの主なスペック
CPU Intel Core i7-6700HQ(2.60GHz、ターボブースト時は3.5 GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics 530
メモリー DDR4 SDRAM 8GB(8GB×1)※今回のロードテストは16GB搭載して行なった
ストレージ 500GB HDD※今回のロードテストでは256GB SSDで行なった
ディスプレー 15.6型ワイド(1920×1080ドット)
光学式ドライブ BDXL対応Blu-ray Discドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×3(左側面)、USB 2.0端子×1(右側面)、HDMI出力端子×1、マイク入力/ヘッドフォン端子×1、SDカードスロット×1、有線LAN端子
内蔵スピーカー ODMD採用ステレオスピーカー、デジタル(ステレオ)マイク
内蔵カメラ 約200万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅378.0×奥行き256.0×高さ25.7~27.4mm/約2.5kg
OS Windows 10 Home(64bit)

 次回は、「LIFEBOOK WA3/Z」の操作感やCPU性能の実力などについて解説する。

富士通 FMV ESPRIMO AH

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH
  • 富士通

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通