このページの本文へ

遠藤諭のプログラミング+日記

プログラミング+の“+”の意味は「プログラミングの周りにある関連ねた」の意味。角川アスキー総研の遠藤諭が落ち穂拾い的なコラムを書いていきます。『週刊アスキー』の連載「神は雲の中にあられる」でやったプログラミングねたほか転載もあり。

2017年01月26日 22時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 人工知能の時代が来てもプログラミングが必要である理由

    2017年01月26日 22時00分

    日本の子供は賢いがコンピューターが使えない(続々)

    第14回   人工知能の時代が来てもプログラミングが必要である理由

    OECDの「生徒の学習到達度調査」(PISA)で日本の子供たちのネットとデジタルの利用度が世界で最低クラスであることが分かった。「デジタルデバイド」という言葉は、ネットやコンピューターを"使う人"と"使わ...

  • OECD、PISAの結果をみると日本はもはや“オタク”ですらない

    2016年12月28日 09時00分

    日本の子供は賢いがコンピューターが使えない(続)

    第13回   OECD、PISAの結果をみると日本はもはや“オタク”ですらない

    OECDの「生徒の学習到達度調査」(PISA)の結果は、いささかショッキングな内容だった。数学・読解力・科学の成績がよいのは結構だが、600設問以上におよぶアンケート調査結果には、真摯に受け止めるべきデー...

  • 日本の子供は賢いがコンピューターが使えない

    2016年12月21日 15時00分

    OECDによる学習到達度調査(PISA)のデータを触って感じたこと

    第12回   日本の子供は賢いがコンピューターが使えない

    OECDによる「生徒の学習到達度調査」(PISA)の結果が発表された。数学・読解力・科学で日本は高い成績だったが、読解力については前回よりも低下した。日本の子供たちの成績に大きな影響を与えたその理由とは?

  • 人生のたいていのことはPythonでできる?

    2016年12月09日 09時00分

    第11回   人生のたいていのことはPythonでできる?

    「女人は我々男子には正に人生そのものである。即ち諸悪の根源である」と芥川龍之介が書いているそうだ。これに倣っていうなら、コンピューターとは人生そのものだと言ってよいと思う。

  • プレゼンが下手な人は「パワポカラオケ」をやってみよう!

    2016年11月11日 09時00分

    パワポ禁止なんてとんでもない! クライアントや上司を説得するためのコミュニケーションを鍛える

    第10回   プレゼンが下手な人は「パワポカラオケ」をやってみよう!

    全世界のビジネスマンの強い味方「パワーポイント」。そのパワーポイントを使ってやる「パワポカラオケ」というのがあるそうな。パワポカラオケと、パワポ禁止を取り巻く最近の議論と、これからについて考察する。...

  • アルデュイーノ式自動筆記ロボットはなぜ楽しい?

    2016年10月31日 19時00分

    日本人は関ヶ原の戦いの頃にグーテンベルグの印刷機が入ってきたのに300年も手彫りしてきた

    第9回   アルデュイーノ式自動筆記ロボットはなぜ楽しい?

    18世紀フランスで作られた自動筆記人形。現代の自動筆記人形MakeblockのmDrawBotに描画させてみたら可愛かった。

  • 「京都」は移住におすすめしない。その理由を7つのポイントで解説された

    2016年10月21日 09時00分

    任天堂やはてなもあるデジタルと古都の関係あるやなしや

    第8回   「京都」は移住におすすめしない。その理由を7つのポイントで解説された

    移住には理想の地と名高い京都。しかし、京都人の目には移住に向かない地だそうで。その理由を探った。

  • 世界でいちばんすすんだスマートフォンはどれだ?

    2016年10月13日 17時00分

    第7回   世界でいちばんすすんだスマートフォンはどれだ?

    7つのパーツに分解可能。フェアトレードの精神で作られたスマートフォン“FAIRPHONE2”

  • ディープラーニングとは言うけれど、脳の可能性はとても大きい

    2016年10月03日 09時00分

    ザリガニとネズミとIoTでスマホはこう進化すべき

    第6回   ディープラーニングとは言うけれど、脳の可能性はとても大きい

    ネズミの額に赤外線を検知するセンサーを埋め込み、それを脳の神経細胞につなぐことで“赤外線の見えるネズミ”を作りだしたというニュースがあったのをご記憶だろうか?

  • ゼロ除算と知られざるカシオミニCM-606の秘密

    2016年09月23日 19時00分

    第5回   ゼロ除算と知られざるカシオミニCM-606の秘密

    数学の歴史上「0の発見」は大きなトピックだった。その0で割るということほど哲学的な計算はないのだが、コンピューターにとっても典型的なバグのもとなのだ。

  • 18世紀の紳士のたしなみに学ぶ、プログラミングの話

    2016年09月16日 09時00分

    第4回   18世紀の紳士のたしなみに学ぶ、プログラミングの話

    18世紀には、ヨーロッパの紳士にとっての知的娯楽として“旋盤”は確立されたものになっていた。それは、後期産業主義の時代の下地になった。21世紀のいまの紳士どもの知的娯楽は、だとしたら“プログラミング”...

  • 書を捨てよ!ドローンを作ろう。FLYBRIXがやってきた

    2016年09月12日 10時00分

    第3回   書を捨てよ!ドローンを作ろう。FLYBRIXがやってきた

    これからの我々の身の回りの電子機器がどんなものになっていくのか、そのためのいちばんいい教科書はドローンだと思う。

  • 「本」を読まないエンジニアはたぶん進化しないと思う

    2016年09月12日 07時00分

    第2回   「本」を読まないエンジニアはたぶん進化しないと思う

    最近、私が気に入っている神田神保町の「GLITCH・COFFE&ROASTERS」(グリッチ・コーヒー&ロースターズ)というカフェがある。狭い店内の5分の1は占めてしまう巨大な焙煎器もだが、なんといっても「GLIT...

  • CODE MASTER!話題の子供向けプログラミングボードゲームをやってみる

    2016年09月10日 20時00分

    第1回   CODE MASTER!話題の子供向けプログラミングボードゲームをやってみる

    「いまの教育制度はコンピューター時代についていけていない」と主張する人物が、“プログラミング”を正面から学ぶとうたった小学生向け知育玩具を作ってしまった。(今回は「週刊アスキー連載中の『神は雲の中に...

カテゴリートップへ


 
ピックアップ